製品資料

Splunk Services Japan

Splunk Services Japan

AI活用を阻む膨大なデータ、インサイトを獲得するために必要なアプローチとは

AIと機械学習を意思決定に生かす動きが加速する一方、膨大なデータの精緻化に時間や手間がかかり、価値を実感できないケースは少なくない。そこで必要なのが、分析のための準備を終えたデータに対し、機械学習を適用するソリューションだ。

要約

 デジタル変革の浸透によりビジネス環境は複雑化し、新しいデータが絶え間なく生み出されるようになった。それらを意思決定に生かす上で重要な役割を果たすのが「AI」と「機械学習」だ。その一方で、膨大なデータを精緻化するためにかかる時間や手間が問題となり、AIの価値を実感できずにいるケースは少なくない。

 この課題を解消するには、分析のための準備を終えたデータに対し、機械学習を適用するソリューションが必要となる。データが多いほどより適切な結果が得られるこの仕組みにより、充実したインサイトが獲得できるため、顧客エクスペリエンスの最適化や、不正行為の特徴検出に役立てられる。

 その具体的なメリットとしては、例えばIT運用向けの人工知能である「AIOps」による、監視/管理ワークフローの合理化やプロアクティブな運用がある。さらにセキュリティ分野でも、対応能力の強化とリスク最小化、コスト削減などを同時に実現できるという。本資料で、そうした活用方法を詳しく見ていこう。

アンケート