製品資料

BOARD Japan株式会社

BOARD Japan株式会社

財務計画と分析でどう差をつける? 成功企業に学ぶ「12の秘訣」とは

自社の財務計画/分析のプロセスに不満を抱く企業が多い一方で、継続的に成果を上げ続けている企業もある。戦略を効果的に実行し、リソースの最適化やプロジェクトの協調を達成するため、成功企業が実践している「12の秘訣」とは?

要約

 財務計画と財務分析(FP&A)において成功を収めている企業は、株主価値の向上、戦略の実行を推進し、リソースの最適化や、イニシアチブ/プロジェクトの協調といった、どの企業のCFOも望む成果を成し遂げている。重要なのは、成功企業がいかにしてそれらを達成したか、という点だ。

 例えば、優れた業績の企業ほど、戦略を実行可能な計画に変換し文書化するとともに、実行可能なプロジェクト単位に細分化している。また、セルフサービス型のレポート作成および分析ツールを活用し、それらの継続的な監視/改善を行っている。さらに、リソースを予算に組み込んだり、運用計画の効果的な差異分析によりインサイトを得たりする能力にも長けている。

 ほかにも、財務/運用の両方の目標を組織の下位層から連鎖的に設定する、報奨金に結び付ける実施責任を従業に持たせている、などポイントは幾つかあるが、重要なのが、全社的にそうした内容を共有するためのダッシュボードやスコアカードといったツールの質だ。本コンテンツでは、成功企業が実践するFP&Aの「12の秘訣」とともに、それらを実践するためのテクノロジーについて解説する。

アンケート