IBM Cognos Mobile

IBM Cognos Mobile

いつでも、どこでも、BIコンテンツ。ビジネスの状況もモバイルで

iPhone、iPad、Android、BlackBerryなどのモバイル端末へ、社内利用と同等の機能性とビジュアル性に優れたビジネス・インテリジェンス環境を提供するソフトウェア。
<おすすめユーザー> BIのコンテンツをタブレットやスマートフォンなどのモバイル端末でも活用できるようにして、ビジネススピードをUPしたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

【詳しく知りたい時は】 IBM Cognos Mobile 製品紹介リーフレット(1.5MB)
いつでも、どこでも、BIコンテンツが活用できるソリューション「IBM Cognos Mobile」の特長や機能、セキュリティなどについて詳しく分かるリーフレットです。

いつでも、どこでも、BIコンテンツ。ビジネスの状況もモバイルで

IBM Cognos Mobileは、iPhone、iPad、Android、BlackBerryなどのモバイル端末へ、機能性とビジュアル性に優れたビジネス・インテリジェンス(IBM Cognos BI)環境を提供するソフトウェア。例えば企業のエグゼクティブは、社外でもBI情報を見て迅速な意思決定ができるようになったり、また営業担当者は客先へ売上状況やこれまでの傾向、今後の見通しを提示し最適な営業提案が実施できたり。いつでも、どこでも、瞬時に、BIコンテンツの活用が実現することにより、企業のビジネススピードを格段にUPさせるソリューション。それが、IBM Cognos Mobileだ。

■モバイル端末でもBIをフル活用。いつでも、瞬時に最新のBI情報にアクセス。
オフィスにいるのと同じように、レポート、ダッシュボード、及び分析結果をシームレスに表示したり、対話形式で情報を活用することができるので、どこにいても、最新の情報に基づきタイムリーに的確な意思決定を下すことが可能になる。様々なモバイル端末でレポートやダッシュボードを自動的に更新・受信できるため、オフィスの外にいても最新のレポートの参照が可能だ。

■オフラインでもオンラインでも自在に情報活用。
ネットワークに接続していないオフライン環境でも、レポートやダッシュボードにアクセスして、意思決定に不可欠な対話的な情報にアクセスできる。また、ネットワーク接続を利用せずに、 必要なビジネス情報を検索することも可能。オフラインでもオンラインでも自在にBI情報を活用できることが、IBM Cognos Mobileの大きな特長だ。

■モバイル端末の操作性はそのまま。ほかのユーザとの情報共有も。
スマートフォンやタブレットに組み込まれた操作方法は、そのまま活用。また、打ち合わせしたい部分を強調して、コメント、洞察、対策などの情報を追加したデータを関係者へ送信し、個人の見解をほかのユーザと共有する、といったコラボレーションも手軽にできる。

IBM Cognos Mobile
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー 日本アイ・ビー・エム
クライアント側OS BlackBerry OS 7.0
BlackBerry OS 6.0
BlackBerry OS 5.0
iOS 5.1
iOS 5.0
Android
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 IBM Cognos BI が必要
クライアント側その他動作環境 Android Browser
 Android 3 Active
 Android 4 Active

Mobile Safari
 Apple iOS 5.1 Active
 Apple iOS 5.0 Compatible

PlayBook Browser
 BlackBerry Playbook 2.0 Active
サーバ側OS -
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

お問い合わせ下さい。

掲載企業

日本アイ・ビー・エム株式会社
URL:http://www.ibm.com/jp/ja/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

【詳しく知りたい時は】 IBM Cognos Mobile 製品紹介リーフレット(1.5MB)
いつでも、どこでも、BIコンテンツが活用できるソリューション「IBM Cognos Mobile」の特長や機能、セキュリティなどについて詳しく分かるリーフレットです。