製品資料

Tableau Japan株式会社

Tableau Japan株式会社

BIに関する6つの誤解——インサイトを発見するビジュアル分析の真の要件とは?

ビジネスのアジャイル性とガバナンスの両立に大きく貢献するセルフサービス型BIプラットフォーム。だが品質やコストに対する懸念により、いまだ従来ツールからの刷新に踏み切れない企業は多い。最新BIに対する6つの誤解の真相に迫る。

要約

 データの視覚的な探索と、インサイトの共有を容易にするセルフサービス型の最新BIプラットフォームは、ビジネスのアジャイル性とガバナンスを両立させるのに大きく貢献している。しかし、幾つかの「誤解」により、いまだBI刷新に踏み切れない企業は少なくない。

 例えば「従来のBIでもビジュアル分析はできる」という誤解がある。しかし、従来手法ではあらかじめ条件を設定する必要があるため、分析の方向性が変わった場合に対応できず、データ探索の過程でユーザーが適切なインサイトを得ることは難しい。その観点から見ると、視覚的な操作結果のリアルタイム表示、高度なマッピング機能、メタデータ管理の効率化といった機能を持つ、最新BIの優位性は明らかだ。

 また他にもセルフサービスBIへの移行には、「コストと手間がかかる」あるいは「ガバナンスやセキュリティの低下を引き起こす」といった、さまざまな懸念がついて回る。本コンテンツでは、最新BIに関するそうした6つの“誤解”を検証する。ツールを適切に評価するための基準を正確に理解すれば、最新BIに移行すべき必然性が見えてくるはずだ。

アンケート