製品資料

BOARD Japan株式会社

BOARD Japan株式会社

経営管理の「9つの重要トレンド」が示す、データ活用プラットフォームの必要性

2018年、企業の未来を左右する重要トレンドとして注目される分野が9つある。それらの実現のカギとなるのが、BIや業績管理、アナリティクスといった意思決定に必要な機能を統合したデータ活用プラットフォームだ。その実力を探る。

要約

 予算編成や計画および予測といった企業の重要なプロセスを、スプレッドシートで管理・分析する時代はもう終わりに近づいている。その要因が、BIと業績パフォーマンス管理の間のギャップを埋めると目される意思決定プラットフォームだ。分析、レポート作成、計画およびシミュレーションを1つの環境に統合し、企業経営を支援するという。

 その必要性は、多くの企業が取り組もうとしている9つのトレンドにも裏付けられる。例えば、企業が抱える豊富なデータを宝の山に変える洞察重視型の組織への転換、生産性の向上をはじめ多様なメリットをもたらす標準化・自動化、AIや機械学習の計画・分析プロセスでの活用などは、前述したような意思決定プラットフォームを得ることで大きく進展できる。

 本資料では、企業が今必要とする機能を集約した意思決定プラットフォームの重要性を、9つのトレンドを通じて解説している。多拠点の財務処理やIT人材の減少からExcel集計の限界まで、企業を悩ませる多様な課題を解決するというプラットフォームの実力を詳しく見ていこう。

アンケート