レポート

株式会社セールスフォース・ドットコム

株式会社セールスフォース・ドットコム

顧客データを意思決定に生かす、「データサイエンス」活用のための環境構築術

膨大な顧客データから意味のある情報を抽出して意思決定に生かす「データサイエンス」の力を高めるには、情報を誰でも簡単に役立てられる環境が必要となる。その核となる、分析プラットフォームに求められる要件とは何か。

要約

 企業が入手できる顧客データが増え続けているが、単純にそれらを収集するだけでは、ビジネスに活用し競争力を高めることは難しい。膨大なデータから意味のある情報を抽出・分析して意思決定に生かす、いわゆる「データサイエンス」の力を高めるには、データを“理解しやすい情報”にして“誰でも簡単に役立てられる”環境を構築することが重要となる。

 そのための分析プラットフォームに求められる要素は2つある。1つ目は、多数の顧客接点を集積し、1つのCRMとしてまとめてデータ分析できること。2つ目は、リアルタイム分析が可能で、モバイルなどからいつどこにいても使えることだ。こうした環境を構築することで、データ分析の属人化を回避し、顧客像の可視化とスピード経営が可能になる。

 本資料ではこのように顧客データを組織として活用するための環境構築のヒントとして、アナリティクスプラットフォームに求められる要件を詳しく紹介している。併せて、データサイエンス力についての10のチェックリストを掲載しているので、自社データ分析の課題を発見する機会としても活用してほしい。

アンケート