業務を妨げずにデバイスを防御、「予測型モバイル脅威対策」で実現する自動保護

掲載日:2018/10/04


シマンテック

業務を妨げずにデバイスを防御、「予測型モバイル脅威対策」で実現する自動保護
今やサイバー攻撃の軸足は、モバイルデバイスとその周辺技術に移行しつつある。今後は、モバイルデバイスと組織を効果的に防御するため、従来のような受け身の形ではない、プロアクティブなモバイル脅威対策が必要になっていくだろう。

 ある調査によると、2014年1月を境に、モバイルデバイスとPCのインターネットアクセスが逆転したという。このことは攻撃者がモバイルプラットフォームに軸足を移す契機となり、モバイルアプリ、モバイルOS、さらにモバイルユーザーの行動までが、脅威にさらされることになった。

 こうした状況下で問題なのは、モバイルデバイスにも、PCなどと同じエンドポイントセキュリティが通用すると多くの人が考えていることだ。しかし、バッテリー消費やサンドボックス型の設計思想、ユーザー行動などの相違点を考慮し、両者のセキュリティは似て非なるものであると認識を改めることから、まずは始めるべきだろう。

 本コンテンツでは、エンタープライズレベルのモバイルセキュリティの「あるべき姿」を再定義するため、従来のアプローチの問題点を挙げ、それらを解決可能な次世代モデルの要件をまとめている。今後のモバイルセキュリティで重要となる「予測型の脅威対策」を中心に、その要点を確認してもらいたい。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 株式会社シマンテック


掲載企業 株式会社シマンテック

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


拠点間のナレッジ共有をサポートするイントラポータルのプラットフォームとは

グローバルはもちろん国内でも広域展開する企業なら拠点間コミュニケーションを密にし、知見やノウハウも共有したうえで高品質サービスを提供したいだろう。そのとき必要な…

鹿島建設が取り組むIT化と土木・建築の“現場”改革

屋外ゆえにIT化が進みにくい土木・建築の現場。その中でいち早くIT化を実現、会議も作業報告も「ここまで効率化できる」と自ら示して現場を変えた鹿島建設の実践を追っ…

「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術

「働き方改革」の実現には、自社の現状を把握し“できること”から取り組んでいくことが重要だ。「長時間労働の是正」「労働生産性の向上」「柔軟な働き方の実現」という3…

紙の書類のやりとりが招く意思決定の遅滞を“完全電子化”で解消

ペーパーレス化が声高に言われる中、業種や職種によっては「そうは言ってもなかなか……」と戸惑う組織も多いだろう。今回は、紙文化が根強く、ペーパーレス化が難しい業種…

SFA導入で「脱Excel」のはず。営業活動の集計/共有は「Excelで」の謎

脱Excelを目指すも「SFAでは個人作業に手間がかかり、またExcelを使うようになった」などシステムとExcelの“併用”という矛盾が発生している事例はいく…

利用者・運用者双方にとって負担の重いFAXシステム、選ぶべき改善策は?

FAX機器の運用は、サーバ維持管理の負担、セキュリティなど多くの課題を抱えている。そこで増えているのがクラウド型FAXサービスの導入だ。機器が不要となるなだけで…

今こそIT部門の出番、営業部の「働き方改革」を進めるための提言

営業の働き方改革は、どの企業も手をこまねいているのが実情。だがそんなときこそ企業のITツール導入を提言すべき立場にあるIT部門の出番。営業の働き方改革のためにI…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037934


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ