セキュリティ印刷・認証プリント<SPSE>

セキュリティ印刷・認証プリント<SPSE>

イニシャルコストはランニングコストで、短期間での回収が可能!

マルチベンダ対応で、ICカード認証のセキュリティ印刷システム。
ユーザのプリンタ出力状況を確実に把握し、セキュアに管理。
◎トナー&インク使用量を大幅削減する機能あり
<おすすめユーザー> プリンタの印刷にかかるコストを大幅に削減したい企業。
内部統制強化、統合管理、情報漏洩対策を図りたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

SPSEカタログ(1.6MB)
マルチベンダに対応したセキュリティ印刷の実現、印刷物からの情報漏洩にも。テキスト、イメージログからの追跡検索が可能、など製品の特徴を解説した資料です。

イニシャルコストはランニングコストで、短期間での回収が可能!

セキュリティ印刷・認証プリント<SPSE>は、ICカード認証のセキュリティ印刷システム。既存のプリンタに導入するだけでセキュアなプリント環境を構築でき、企業内や学内、省庁内の不要な印刷コストの無駄を取り払うことができる。
印刷認証は、社員証などのICカード、USBトークン(PKI)認証、ID・パスワードなど多彩な認証システムを用意。

■大幅なコストカットを実現する:トナーセーブ機能(オプション)
従来の情報漏洩防止機能、印刷抑制機能に加え、トナーセーブ機能を実現。すべてのプリンタに適用でき、消耗品の消費を劇的に抑制できる。カーボンカットオフを実現し、環境対策に貢献。

■マルチベンダ、マルチOS対応と高品質の印刷クオリティを実現
複合機、ネットワークプリンタ、プロッターのベンダ、機種は問わず、Windows/Macintosh/UNIXの各OSに対応。プリンタメーカの標準ドライバをそのまま利用するため、レイアウト崩れや文字欠け、変色などなく、印刷品質を維持することができる。

■“うっかりプリント”の削減とモラルの向上でコスト削減
 ●印刷データのすべてのテキストデータを保存し、誰が・いつ・どのプリンタで・何を印刷したか記録する
 ●印刷禁止ファイルやデータの内容を印刷行為中に監視し、印刷制限や禁止できる
 ●ユーザごと、グループごとに、印刷上限枚数を個別設定し、管理できる

■管理者負担を軽減しながら、セキュアなシステムを構築
 ●プリンタへの印刷データをキーワードで監視し、検索・抽出機能で情報漏洩を防止する
 ●印刷ジョブ用通信路の暗号化により盗聴による情報漏洩を防止
 ●容易な管理ツールとユーザ認証連携機能による管理者負担の軽減
 ●セキュリティレベルやユーザ権限に応じてオンデマンド印刷方式あるいはダイレクト印刷方式を選択可能
 ●印刷履歴と同期した監視カメラシステムを搭載可能(オプション)

セキュリティ印刷・認証プリント<SPSE>
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー 日本テクノ・ラボ
クライアント側OS Windows 2000/XP 32bit/Vista 32bit/Vista 64bit/7 32bit/7 64bit/Mac OS 10.4.x、Mac OS 10.5.x
クライアント側対応プロセッサ OSが快適に動作すること
クライアント側必要メモリ容量 OSが快適に動作すること
クライアント側必要ディスク容量 OSが快適に動作すること
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2003、 Windows Server 2003(SP1)、 Windows Server 2003 for x64
Windows Server 2008 R2
サーバ側対応プロセッサ Dual CPU以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 別途サイジングにて決定
サーバ側その他動作環境 SUN Java JRE1.6以上、Apache Tomcat、SQL Server 2008(Option)

価格情報

お問い合わせ下さい。

掲載企業

日本テクノ・ラボ株式会社
URL:http://www.ntl.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

SPSEカタログ(1.6MB)
マルチベンダに対応したセキュリティ印刷の実現、印刷物からの情報漏洩にも。テキスト、イメージログからの追跡検索が可能、など製品の特徴を解説した資料です。