「無線LAN」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

無線LAN

無線LANとは、ネットワークのノード間を、ケーブルを使わずに電波を使って接続するLANのこと。無線LANはIEEE802.11bという最大11Mbpsの通信規格が誕生してから製品化が急速に進むようになり、現在では100Mbps以上の無線LANの導入も始まっている。無線LANを構築する上で必要になる機器にはアクセスポイント(基地局あるいは無線LAN親機)、無線クライアント(無線LAN子機あるいは無線LANアダプタ)、無線LANコントローラ(あるいは無線LANスイッチ)などがある。

無線LANの新着カタログ

無線LANの新着事例

無線LANの市場シェア情報

無線LANの新着記事

無線LANの新着ホワイトペーパー

無線LANの基本機能とは?

無線LANコントローラのおもな機能は次の通り。
●電波管理機能
各アクセスポイントをリアルタイムに監視する機能。状況に応じて最適なチャンネルや電波出力を自動的に決定し、調整する。これにより、電波干渉を回避し、安定した無線LANネットワーク環境を構築できる。
●セキュリティ機能
無線LANでは、データの暗号化が必須。暗号化強度が高く、現在最もひろく使用されているAES暗号に対応している。
●Authentication
IEEE 802.1X認証、MAC認証、Web認証への対応。
●Layer2/Layer3 Roaming
同一セグメント内でのローミング、異なるセグメントに存在するアクセスポイント間でのローミングをサポート。通常はIPアドレス変更による通信断が発生するが、無線LANコントローラを導入することで同一IPアドレスを保持したまま通信を継続することができる。

無線LANの導入メリットとは?

無線LANを導入すると、社内のどこからでもネットワークに接続できるようになり、会議の空き時間等にノートPCを使用して仕事をすることで、生産性を向上させることができる。1人あたりの生産性向上時間は小さいが、全ユーザの年間合計時間を金額に換算すると膨大な金額になる。また、オフィスレイアウト変更時の機器費・材料費・労務費・運搬費などのコストを大幅に削減できる。さらに、建設現場や住宅展示場、工場など、元々LANケーブルの配線が難しい環境でも無線LANなら手軽にネットワークを導入できるようになる。