「ネットワークスイッチ」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

ネットワークスイッチ

スイッチにはレイヤ2スイッチとレイヤ3スイッチがある。レイヤ2スイッチは、OSI参照モデルのレイヤ2(L2:データリンク層)において、ネットワークに接続された機器同士の通信を中継する役目を担う装置のことでスイッチングハブともいわれている。レイヤ3スイッチは、スイッチングハブにルータ機能を組み合わせ、高速なルーティングが実現できるように作られた装置である。

ネットワークスイッチの新着カタログ

ネットワークスイッチの新着事例

ネットワークスイッチの市場シェア情報

ネットワークスイッチの新着記事

ネットワークスイッチの新着ホワイトペーパー

ネットワークスイッチの基本機能とは?

レイヤ3スイッチの主な機能は次の通り。
■VLAN機能
搭載された物理ポートをグループごとに分割し、1台のスイッチを仮想的に複数台のスイッチとして扱う機能。それぞれのグループは別のサブネットとして扱われ、1台のスイッチで複数のLANを構成できる。
■ルーティング機能
経路の探索と選択を行う処理のこと。ルーティングには静的ルーティングと動的ルーティングがある。動的ルーティングにはRIP、OSPF、BGPなどのプロトコルが利用されている。
■冗長化機能
経路の冗長化方法としてスパニングツリー、VRRPなどを利用できる。
■管理機能
機能設定から動作確認までを行う機能で、コマンドライン、Web、専用GUIなどで提供されている。

ネットワークスイッチの導入メリットとは?

一つのネットワークに物理的に統合しながらも、論理的には複数系統に分割したセキュアな環境を実現できる。また、接続に使っている複数ケーブルのうちいずれかが断線しても通信を続けられるので可用性が高くなる。さらに、アプリケーションやユーザ単位で、必要な通信品質を提供できるようになる。