クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」

クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」

高品質なメールアーカイブを導入しやすいクラウドで提供

G Suite、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。
<おすすめユーザー> G Suite、Office 365と連携した日本語対応の高機能メールアーカイブを、安価かつ手軽に導入したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「クラウド型メールアーカイブサービス Active! vault SS」カタログ(1.2MB)
「期間を選べる」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」を実現したクラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」の特長・メリットを紹介したカタログ。
G Suiteのセキュリティ対策とコンプライアンス強化:壽屋(3.1MB)
容量に課題がありG Suiteに移行。株式上場に向けて必須の課題であったコンプライアンス対策を本サービスで実現。誤送信防止サービスと組み合わせ更なるセキュリティを強化。
アーカイブデータのメディア送付サービスに注目:ビッグローブ(2.8MB)
働き方改革を見据えてG Suiteを導入。本サービスの特長であるアーカイブデータの記憶メディアはバックアップとして活用し、運用負荷の大幅軽減を果たした。

高品質なメールアーカイブを導入しやすいクラウドで提供

Active! vault SSは、G Suite、Office 365と連携可能な日本語対応のクラウド型メールアーカイブサービス。オンプレミスで実績のあるActive! vaultをベースに、“期間を選べる”“すぐに使える”“高品質なのに低価格”というコンセプトでサービスを提供。また、月ごとのデータのメディア送付サービスも行っている。

●G Suite、Office 365、Active! gate SSと連携
G Suite、Office 365のメール送受信機能と連携、更にはクラウド型メール誤送信防止サービスActive! gate SSとも連携させることで、メールのアーカイブとセキュリティをクラウド上でワンストップに実現できる。

●Office 365の社員同士のメールアーカイブにも対応
Office 365と外部メールアーカイブサービスを連携させる場合は、通常は社員同士のメールについてはアーカイブできない。しかし、Active! vault SSは独自開発により社員同士のやりとりを含めた全メールのアーカイブを1カ所で確実に実現する。

●リアルタイムにアーカイブと検索が可能
送受信されたメールはリアルタイムにアーカイブ化。管理者はこのアーカイブ対象の設定や、メールの検索と復元を行う検索ユーザーの設定、及び操作履歴などの確認を行うことができる。

●高度な検索機能も管理インタフェースも日本語対応
検索ユーザーはあらかじめ与えられた権限内において、保存されているメールを日本語で検索・参照することができる。受信期間やメールアドレス、添付ファイル名など、細かい検索条件の指定も可能。また、管理インタフェースも日本語表記だから分かりやすく使いやすい。

クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 クラウド
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 クオリティア
動作環境 -
提供エリア 全国
オプションサービス -
その他サービス -
その他特記事項 -

価格情報

初期費用:10万円
保存 1年間:200円/1メールアドレス当たり
※税別

掲載企業

株式会社クオリティア
URL:http://www.qualitia.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

「クラウド型メールアーカイブサービス Active! vault SS」カタログ(1.2MB)
「期間を選べる」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」を実現したクラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」の特長・メリットを紹介したカタログ。
G Suiteのセキュリティ対策とコンプライアンス強化:壽屋(3.1MB)
容量に課題がありG Suiteに移行。株式上場に向けて必須の課題であったコンプライアンス対策を本サービスで実現。誤送信防止サービスと組み合わせ更なるセキュリティを強化。
アーカイブデータのメディア送付サービスに注目:ビッグローブ(2.8MB)
働き方改革を見据えてG Suiteを導入。本サービスの特長であるアーカイブデータの記憶メディアはバックアップとして活用し、運用負荷の大幅軽減を果たした。