PLMに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

PLM

PLMに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 PLM

基礎解説PLMとは?

PLM(Product Lifecycle Management)ツールとは、製品のライフサイクル全体を考えた時に必要となるすべての業務をカバーしながら、製品に関わるマスタ情報や、関連する業務データを一元管理するためのソリューションのこと。PLMは1990年代に3次元CADモデルや製品構成管理からスタートしたPDM(Product Data Management)が、さらに発展したものである。

PLMの製品一覧・比較へ

PLMの最新ニュース

基本機能PLMの基本機能とは?
PLMツールの提供する機能は、主に以下の4つが挙げられる。
●製品/プロジェクト/ポートフォリオ管理機能
例えばプロジェクト管理では、プロジェクト構成からスケジューリング、リソース管理などの各機能を提供。ポートフォリオ管理では、ポートフォリオ全体のモニタリング/分析/評価/最適化を行うことができる。

●ライフサイクルプロセスサポート機能
製品のライフサイクルに渡り、適切な情報を、適切なタイミングで、適切な人に提供することを支援する機能。

●ライフサイクルデータ管理機能
PDMと呼ばれるCADの図面データ管理や、製品の構成管理/設計変更管理などを行う機能。

●コーポレートサービス機能
例えば有害化学物質情報の管理/RoHS/日本のグリーン調達など、環境指令や各種法規制に対応したレポート類の管理、廃棄物の管理、排出物の管理を基幹システムと同期を取りながら管理できる機能。
導入メリットPLMの導入メリットとは?
PLMツールの導入メリットとしては、主に次の5つが挙げられる。
●市場投入期間の短縮
複数の製品開発プロジェクトを効率的に同時進行することで、市場投入期間を短縮できる。

●コストの最小化
変更によるリソースへの影響を可視化することで、プランニング/開発/製造/サービスに要するコストを最小限に抑えることができる。

●品質の向上
製品品質に関する制約事項を製品定義と結び付けることで、ライフサイクル全体に渡って、パッケージング/機能性/ユーザビリティ/製造性/保守性/規制基準などの各指標を評価できる。

●プロセス効率性の向上
タスク実行や追跡記録などワークフローで定義した各プロセスを自動化することにより、業務プロセスの効率化を実現できる。

●生産性の向上
製品ナレッジに迅速にアクセスしたり、バーチャルな製品モデルを使って製品コンセプトの整合性確認や検証を行ったりできるため、個人やチームの生産性を向上させることができる。
キーマンズネットとは

ページトップへ