「暗号化」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

暗号化

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

暗号化の新着カタログ

暗号化の新着事例

暗号化の市場シェア情報

暗号化の新着記事

暗号化の新着ホワイトペーパー

暗号化の基本機能とは?

HDD暗号化ソフトをPCにインストールすると、セクタ単位でハードディスクの暗号化が自動実行され、メモリに常駐している暗号化ドライバがバックグラウンドで高速に暗号化と復号化の処理を行うようになる。アプリケーションはすべて復号化された状態でデータを取り扱うが、操作などへの影響はなく、導入前とまったく同じようにアプリケーションを操作できる。暗号化されたPCを利用する際には、ID/パスワードによる起動時認証、あるいはUSBトークンやICカード、生体認証などの認証デバイスを使用することもある。ロックアウトを設定できる場合は、認証失敗が指定回数に達すると、アカウントがロックされ、管理者の権限なしには解除することが不可能になる。

暗号化の導入メリットとは?

HDD暗号化ソフトの導入メリットとしては、第三者が勝手にPCを起動できないようにしたり、第三者にディスクの中のファイル名が分からないようにできることなどが挙げられる。そのほか、PCからハードディスクを取り出されてもデータ解析ができないようにしたり、ハードディスクの中に暗号化し忘れたデータが存在しないようにすることで、クライアントPCの紛失・盗難に遭った場合でも、情報漏洩を回避できるようにしている。