開発言語に関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較

開発言語

開発言語に関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 開発言語

基礎解説開発言語とは?

開発言語とは、プログラミング言語のことで、コンピュータに対する一連の動作の指示を記述するための表記法である。開発言語で書かれた一連の指示をプログラムと呼び、それを記述することをプログラミングと呼ぶ。英語や日本語のような自然言語と同様、構文規則と意味規則で定義される。開発言語はプログラムを書くのに使われる言語であり、それによってコンピュータは何らかの計算やアルゴリズムを実行し、場合によってはプリンタやロボットなどの外部装置を制御する。

開発言語の製品一覧・比較へ

開発言語の最新ニュース

基本機能開発言語の基本機能とは?
例えば、C言語の基本仕様・基本機能は以下のとおり。
構造化をサポートしており、手順を入れ子構造で示して見通しの良い記述をすることができる。また、モジュール化がファイルを単位として可能。モジュール内だけで有効な名前を使うことが出来るスコープを持っている。なお C 言語ではUNIXのようなOSを前提としたホスト環境と、UNIXのようなOSを前提としないフリースタンディング環境とがある。ホスト環境では、プログラム開始直後に実行するプログラム要素を main という名前の関数として定義する。プログラム中で再帰的に main 関数を呼ぶことも可能。さらに、C言語はオペレーティングシステムを記述する言語として設計されたため、高級言語であるがアセンブラ的な低レベルの操作ができる。ポインタ演算、ビットごとの論理演算、シフト演算などの機能を持ち、ハードウェアに密着した処理を効率よく記述できる。
導入メリット開発言語の導入メリットとは?
例えば、C言語を採用した場合のメリットは以下のとおり。
・移植性が高く、いろいろなプラットフォームで動くソフトウェアを開発しやすい。
・実行速度が速く、処理効率が高い。
・サンプルコードやライブラリが豊富。
・ほとんどのことはC言語で実現できる(汎用性が高い) 。
・メモリや周辺機器等を簡単に直接制御できる。
・拡張子exeを使ったそれ単体で実行させることができるアプリケーションを作成できる。
キーマンズネットとは

ページトップへ