信頼性の高いCMSでサイトが安定稼働。障害はゼロに

東レACS

信頼性の高いCMSでサイトが安定稼働。障害はゼロに

東レACSでは、障害が多発するなど不安定だったコーポレートサイトの基盤に信頼性の高いクラウド版の商用CMSを導入し、サイトの安定稼働と保守運用の負担削減を実現した。

  • システムリプレース
  • 情報サービス業
  • その他管理部門
信頼性の高いCMSでサイトが安定稼働。障害はゼロに

アパレル、縫製企業向けCADシステムの開発を行う東レACSは、前回のコーポレートサイトリニューアルの際、広く利用されているオープンソースCMSを使って構築を行ったが、3年間で大規模障害が14回発生するなど安定性に問題があった。そこで新たに商用CMSのクラウド版を導入。障害がゼロになり安定性が向上したほか、保守運用の手間も削減できた。

事例資料をダウンロード

課題

 東レACSでは、手動で行っていた同社のコーポレートサイトの管理をCMSに移行するため、2015年にオープンソースのCMSを採用し、リニューアルを行った。しかし移行後から3年の間に、大規模な障害が14回起こるなど安定性に問題があった。他にも、DBへの接続エラーによってサイトが表示不可になる不具合も1、2カ月に1回程度発生した。サイトが止まればビジネスの損失にもつながるため、安定稼働できるCMSを探していた。

解決方法

 同社では新たなWebサイトの基盤として、信頼性が高く安定運用できるという観点から、クラウドベースの商用CMSの採用を決定した。その他の選定のポイントとしては、静的生成が可能なこと、それまで使っていた機能が使えること、また同社にはWebサーバ専任の担当者がいなかったので、サーバ管理まで任せられる点に着目した。
 導入後Webサイトの構築では、ページ要素のモジュール化など更新性と運用性を考慮して構築が行われた。

効果

 CMSを移行し、リニューアルサイトのオープン後は、サイトの挙動が安定化し、閲覧不可となる障害はゼロになった。また編集画面の入力項目を効果的にカスタムフィールド化したことで、セミナー情報などのページの作成が簡単にできるようになり、これまで一部行っていた手打ちでのHTML修正作業を削減できた。さらにページ遷移に数秒かかっていたケースが、体感で1秒以内で表示されるなどパフォーマンスも改善されている。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 システムリプレース
業種 情報サービス業
部署 その他管理部門
地域 国内
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:Movable Type クラウド版

提供企業:シックス・アパート株式会社

URL:https://www.sixapart.jp/movabletype/cloud/