製品資料

日本電気株式会社

日本電気株式会社

HCI選びの勘所、運用効率化やコスト削減など「狙った成果」を実現するには?

3層型仮想化環境の複雑さを解消し、クラウド移行検討企業にとっても有力な選択肢となっているHCI。では、運用管理の効率化やコスト削減といった「狙った成果」を得るためには、どうすればいいのか。詳しく解説する。

要約

 従来の3層型仮想化環境の課題である運用管理の複雑さを解消し、障害時の切り分け/対応も容易にするなどのメリットから、注目度が増しているハイパーコンバージドインフラ(HCI)。また、運用コストの最適化、拡張性の高さ、調達/展開の迅速性といった、クラウドと同様の特長も持つため、最近ではクラウド移行に代わる選択肢としても脚光を浴びている。

 では、そうしたHCIに、企業は具体的にどんな成果を期待しているのか。ある調査によると、サーバ更新において、プラットフォームのみではなく、ミドルウェアやOS、業務アプリケーションまで含めた運用を課題とする企業が多いことが分かっている。これを踏まえると、HCIには「単なる安価な仮想化基盤」ではなく、「サーバ管理全体の負荷を削減する包括的なソリューション」であることが求められているといえる。

 本資料では、そうした期待に応えるべく登場した、オールインワンモデルのHCI製品を紹介する。構築済みの仮想化基盤をすぐに利用できるため、セルフデザインのHCIに比べて容易に導入できる。また運用や保守フェーズにおいても豊富なサポートを提供し、障害の予兆検知など高度な機能を備えている点も魅力だ。

アンケート