利便性を保ちつつ高セキュリティを実現する認証ツール特集

システム利用時の認証においては、ユーザーにできるだけストレスをかけずに高い安全性を実現したい。
そこで本ページでは、利便性を犠牲にせずに強固な認証を行うための認証ツールをまとめてご紹介する。自社システムのセキュリティ向上に役立てていただきたい。

会員制サイトの認証セキュリティを「物理デバイス」で強化

会員制サイトの認証セキュリティを「物理デバイス」で強化

株式会社ソフト技研

北海道建設新聞社では、会員制Webサイト「e-kensin」を運営している。契約は法人が行い、個人が利用するという同サイトの形態から、サイト利用における認証セキュリティは強固なものが求められ、同社ではUSBデバイスを利用した認証サービスを導入。高いセキュリティと簡単な認証動作の絶妙なバランスが評価され利用はスムーズに進んでいるという。

手のひら静脈認証ソリューション BioPassport

NTTテクノクロス株式会社

端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。
<おすすめユーザー> Windowsログオン認証の強度を高めたい企業。運用負担がなく、簡単に始められる高精度な認証製品を求めている企業。

クラウド対応認証シングルサインオン 「WisePoint Shibboleth」

ファルコンシステムコンサルティング株式会社

多要素認証システム「WisePointシリーズ」はテレワーク時の社内システムへリモートアクセスする際の認証強化や、クラウドサービスにアクセスする際の認証強化を行うシングルサインオン製品。SAML2.0による多要素認証に対応。
<おすすめユーザー> SSL VPNで社内システム、クラウドのアクセスをセキュリティ対策と認証強化したい企業。

公開型生体認証基盤「Biometric Signature Server」

株式会社日立ソリューションズ

「PKI(Public Key Infrastructure)」方式の認証基盤で採用される公開鍵と秘密鍵の生成に生体情報を応用。これにより、個人情報にあたる生体情報を保護し、かつカードやパスワードが不要という高い利便性を実現しながら、なりすまし・偽造を防ぐ高度な生体認証を実現する。