事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

日本アイ・ビー・エム株式会社

ヤフーがプライベートクラウド基盤に「オブジェクトストレージ」を選んだ理由

「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーは、従来のファイル・システムベースより柔軟性が高く、クラウド技術とも親和性の高いストレージの採用が急務だった。その解決策として、同社が「オブジェクトストレージ」に注目した理由とは?

要約

 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーは2018年10月、プライベートクラウド基盤のストレージ環境を非構造化データに強いオブジェクトストレージに移行した。導入したのは同社のストレージの中でも、最も機密性を求められるデータ保存領域である高セキュリティエリアだ。

 移行に踏み切った理由の1つは技術面にあった。同社の開発環境でコンテナ技術やPaaSなどのニーズが高まっていたのはもちろん、さらなる俊敏性や柔軟性を強化するため、オンプレミスにおけるクラウドネイティブ技術との親和性が高いストレージが求められていた。

 加えて、問題となっていたのがパフォーマンスだ。Yahoo! JAPANのページビューは2018年2月時点で月間で約725億、ユーザーアクセスも1日当たり4000万に達するなど、トラフィックが膨れ上がり、従来の環境では限界に近づいていたのだ。同社はオブジェクトストレージを活用して、どのように状況を改善したのか、本資料で詳しく解説する。

アンケート