製品資料

Dropbox Japan株式会社

Dropbox Japan株式会社

製造業の労働生産性を高める鍵はファイル共有コラボレーションの活用にあり

労働生産性の向上は、企業にとって重要な課題だ。製造業では、場所や時間、組織の壁を越えてCADなどのデータを軸としたコラボレーションが課題解決の鍵を握っている。具体的にどのような方法で実現するのか。

要約

 製造業における労働生産性の向上策を考えるには、1つの製品が完成するまでに複数のプロセスを経ていることと、このプロセスにさまざまな部門がかかわっていることへの考慮が必要だ。とりわけ現在の製造業では、工程や部門の関連が、複雑かつグローバル化している。ゆえに会議などの場に全員が一堂に集まること自体が難しい。

 メールやチャットなどの活用で全員と連絡できるようになっても問題は残る。製造業の場合、CADなど大容量のデータのやりとりでファイル開封に手間がかかったり、データのバージョン管理が全員で適切に共有されなかったりなどの影響で、思うように生産性が向上しない。

 そんな背景を受けて“場所や時間を問わず、組織の壁も越えて、CADなど大容量のデータを共有して効率的にコラボレーションする”ことに挑戦するサービスが、「Dropbox Business」だ。本サービスでは、CADデータなどのコンテンツを軸としたコラボレーションが実現できるため、連絡や共有に費やしていた時間の削減に貢献する。既に一部の国内の製造業では、Dropbox Businessを導入して効率的なコラボレーションを実現しているという。

アンケート