講演資料

富士通株式会社

富士通株式会社

ITインフラの統合管理機能を標準搭載。HCI導入後の運用負荷の悩みを解消

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入すると機器構成がシンプルになるが、既存の他の機器の運用管理負荷がゼロになるわけではない。そこで新たに導入するHCIにインフラの統合管理機能があれば、大きなメリットとなる。

要約

これまで企業のオンプレミスのITインフラは、サーバやストレージなどを別々のベンダーから調達して構築するケースが多かったが、この場合では稼働までのリードタイムや業務負荷がかかることが課題であった。そこで、1つの筐体に統合できるハイパーコンバージドインフラ(HCI)に今注目が集まっている。

しかしHCIを導入したからといって、すべての機器がそこに集約できるとは限らない。パフォーマンスの面から仮想環境に統合できない物理サーバや、外部にストレージを残しておく必要も出てくるだろう。ネットワークスイッチの管理も必要だ。HCIを導入しても、当然それらの運用管理は行わなければならない。

そこで本資料では、そのような多彩な機器が乱立するITインフラ全体に関して、知識の少ない担当者でも運用管理を行えるツールを標準搭載したHCI製品を紹介している。統合管理、自動化、可視化の3つの観点を特徴とし、HCIで見過ごされがちな「導入後の運用負荷」の低減に着目した製品である。

アンケート