IBM PureData System for Operational Analytics

IBM PureData System for Operational Analytics

不正取引検出など、オペレーショナル分析のワークロードに特化

IBMの技術(ソフト、ハード、SIノウハウ)を結集し、オペレーショナル分析のワークロード向けに最適化済みの、垂直統合型データベース・プラットフォーム。
<おすすめユーザー> 不正なクレジットカード利用のリアルタイム検知のように、大規模な取引履歴データなどをリアルタイムに自動分析したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

IBM PureData System for Operational Analyticsのすべてが分かる!(900KB)
IBM PureData System for Operational Analyticsの特長や詳細仕様などを分かりやすくまとめたデータシート。

不正取引検出など、オペレーショナル分析のワークロードに特化

IBM PureData Systemは、トランザクション、ビッグデータ分析、オペレーショナル分析といった異なるデータ・ワークロードの高速化を実現するデータベース・アプライアンスだ。本来、データ処理システムの構築には、それぞれのデータ処理要件に応じてハードウェア導入・構成からソフトウェア導入・設定、他システム連携など、多くの作業が発生するが、PureDataは専門家の知見とスキルを実装することで、計画から導入、運用までの作業を簡素化。電源を入れてパターンを設定するだけの、1日程度の手間と時間で使用可能だ。垂直統合型システムとして提供され、様々なデータ処理に合わせて最適化された複数のモデルを用意している。

次々に取引される業務処理データを蓄積データと照合するといった即時的な分析処理向けに最適化
IBM PureData System for Operational Analyticsは、優れたスループットと並行性を提供しつつ、基盤となるIBM DB2ソフトウェアの強みにより、1秒当たり最大1000件を超える同時クエリを実行可能。不正なクレジットカード利用のリアルタイム検知のような、過去の取引データと今取引されているデータをリアルタイムに自動分析し、異常を検知するデータ処理などに最適だ。また、自動的なワークロード管理により、パフォーマンス最適化とコスト削減を実現できる。

アナリティクスの処理はデータベース内で行われるため、データの格納場所、つまりデータウェアハウス内でのデータ分析が可能。DB2アプリケーションは変更不要で、Oracle Databaseアプリケーションも最小限の変更で対応可能。アダプティブ圧縮機能により、索引やテンポラル表は自動的に圧縮されるので、ストレージ容量が最大10分の1に削減可能というメリットもある。

取扱うデータ容量に応じて、メモリ容量及びCPU数の異なる4モデルを提供。ニーズに合った適切なサイズのモデルを選択し、将来的にはデータ増大に従ってペタバイト規模への拡張も可能だ。

関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ハードウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー 日本アイ・ビー・エム
寸法 644(幅)×1465(奥行)×2015(高さ)mm(ドアを含む)
質量 基本ラック: 658.3kgのみ
〜基本ラック: 658kg+データ・ラック: 976.1kg
電源 AC 200〜240V 周波数47〜63Hz
筐体タイプ ラック
その他特記事項 -
プロセッサ 32〜96コア
メモリ容量 256〜768GB
内蔵ドライブ SSD容量:4.8〜14.4TB
HDDユーザ・データ容量(非圧縮時):29.7〜148.5TB
機能 【データベース管理】
IBM DB2 9.7 または IBM DB2 10 Enterprise Edition
連続的なデータ取り込み
アダプティブ圧縮機能によるデータ圧縮
ラベル・ベースまたは行ベースのアクセス制御
IBM Workload Manager
ほか
インターフェース -
OS IBM AIX 7.1

価格情報

お問い合わせ下さい。

掲載企業

日本アイ・ビー・エム株式会社
URL:http://www.ibm.com/jp/ja/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

IBM PureData System for Operational Analyticsのすべてが分かる!(900KB)
IBM PureData System for Operational Analyticsの特長や詳細仕様などを分かりやすくまとめたデータシート。