サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル)

サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル)

NECフィールディングがおすすめするWindows Server(R)2008 R2 / 2012

動作確認済みの構成による仮想化環境をサーバにセットアップすることで、導入期間短縮や導入コスト削減を実現するパッケージ。保守・監視サービスも含まれているので安心。
<おすすめユーザー> サーバの仮想化の具体的な方法が分からなかったり、運用に不安を感じている企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル) カタログ(371KB)
サーバ延命に加え、サーバ統合も可能な「サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル) 」を紹介。
サーバ仮想化おためしパックカタログ(272KB)
「サーバ仮想化ソリューションパック」へとシステム移行できる1ヵ月間のおためしパックを紹介。
サーバ仮想化サポートサービス カタログ(313KB)
NECフィールディングが構築するサーバ仮想化環境の導入時に利用できるサポートサービスの紹介。
NECフィールディングが提供するサーバ仮想化(3.4MB)
「サーバ仮想化ソリューションパック」を含む、サーバ仮想化に関する紹介。「サーバ仮想化とは?」「仮想化の導入メリット」「サーバ仮想化導入のデメリット」なども紹介。

NECフィールディングがおすすめするWindows Server(R)2008 R2 / 2012

〜 Windows Server(R)2008 R2 / 2012 Hyper-V(R)による仮想化技術 〜



■サーバ仮想化に必要な機器と関連サービスを4種類のパックで提供
「サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル)」は、仮想環境を構築済みのサーバにより、導入期間の短縮やコスト削減を実現できるソリューションパック。企業のニーズにあわせ、次の4つのパックから選択することができる。

(1) スモールスタートモデル
「仮想化環境を最小の投資・構成で始めたい」という企業向けのモデル。サーバ、Hyper-V、及びゲストOS 1つをセットアップして提供。監視サービス、保守サービスも含まれているので、万一の障害時にも安心。

(2) スタンバイPLUSモデル
「必要最小限の構成でいいのだが、1台では耐障害性に不安」という企業向けのモデル。可用性を考慮し、コールドスタンバイ機をセット。ハードウェア障害時に別サーバで業務を継続可能。

(3) ftサーバモデル
「ハードウェア障害時でも、連続稼働を行いたい」という企業向けのモデル。CPU・メモリをはじめとした主要モジュールが二重化されたFTサーバにより、システム連続稼働を実現。万一、一方のモジュールに障害が発生しても、自動的に障害の発生したモジュールを切り離し、システムの連続稼働を実現。

(4) SANモデル
「可用性を備えたシステムを構築したい」という企業向けのモデル。高い可用性が必要とされる業務での仮想化適用を想定し、ハードウェア障害時は自動でサーバが切り替わり業務を継続。

サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル)
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソリューション・その他
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 NECフィールディング
サービスメニュー(提供可能な製品群) ・スモールスタートモデル
・スタンバイPLUSモデル
・ftサーバモデル
・SANモデル
・サーバ仮想化お試しパック
動作環境 -
オプションサービス ・システム移行サービス
・バックアップ構築サービス
・UPSセットアップサービス
・運用監視サービス
・システム復旧サービス
・セキュリティ対策サービス など
その他特記事項 ■スモールスタートモデル
サーバにHyper-V及びゲストOS 1つをセット。
・Express5800/100シリーズ×1
・Windows Server 2008 R2×1 (Standard Edition※)
・管理用PCまたはワークステーション×1

■スタンバイPLUSモデル
本番環境で必要な可用性を考慮し、コールドスタンバイ機をセット
ハードウェア障害時に別サーバで業務を継続可能
・Express5800/100シリーズ×2
・Windows Server 2008 R2×2 (Standard Edition※)
・管理用PCまたはワークステーション×1

■SANモデル
高可用性が必要とされる業務での仮想化適用を想定し、
ハイアベイラビリティ機能を搭載するIP-SANをセット
ハードウェア障害時はサーバが切り替わり業務を継続。
・Express5800/100シリーズ×2
・Windows Server 2008 R2×2 (Enterprise Edition※)
・iStorage E1-10×1
・管理用PCまたはワークステーション×1
※Windows Server 2008 R2上で稼働可能な仮想化されたサーバの数
・Standard Edition 1つ

価格情報

スモールスタートモデル 210万円〜
スタンバイPLUSモデル 498万円〜
ftサーバモデル 498万円〜
SANモデル 998万円〜

いずれも税別

掲載企業

NECフィールディング株式会社
URL:http://www.fielding.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル) カタログ(371KB)
サーバ延命に加え、サーバ統合も可能な「サーバ仮想化ソリューションパック(Hyper-Vモデル) 」を紹介。
サーバ仮想化おためしパックカタログ(272KB)
「サーバ仮想化ソリューションパック」へとシステム移行できる1ヵ月間のおためしパックを紹介。
サーバ仮想化サポートサービス カタログ(313KB)
NECフィールディングが構築するサーバ仮想化環境の導入時に利用できるサポートサービスの紹介。
NECフィールディングが提供するサーバ仮想化(3.4MB)
「サーバ仮想化ソリューションパック」を含む、サーバ仮想化に関する紹介。「サーバ仮想化とは?」「仮想化の導入メリット」「サーバ仮想化導入のデメリット」なども紹介。