SharePlex

SharePlex

Oracleデータベース環境に最適化したレプリケーションを実現

Oracleデータベース環境に最適化されたレプリケーションソフトウェア。高速かつリアルタイムに動作し、異なる環境間でも簡単に動作する。様々な構成で活用可能。
<おすすめユーザー> Oracleデータベース環境で、ビジネス継続、無停止移行、データ統合をシンプルに行いたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Oracle専用レプリケーション SharePlex カタログ(376KB)
シンプルで低コスト。異なるOS、バージョン、エディション間でも対応可能なOracle専用データレプリケーション・ソリューション「SharePlex」の特長を紹介。
SharePlex導入事例 - セントラル短資FX(2.3MB)
基幹データベースに負荷をかけず、柔軟なレプリケーションを実現。異なるOracleのエディションへの対応により、コスト削減に成功した導入事例。
SharePlex導入事例 - マルトグループホールディングス(260KB)
業務システムのディザスタリカバリ対策をリアルタイムレプリケーションにより、直前までのデータをいつでも複製先で使用できるようにした導入事例。
Active-Activeレプリケーションのための考慮点(872KB)
高可用性を実現するために、SharePlexを使用してActive-Activeレプリケーションを行うためのホワイトペーパー。

Oracleデータベース環境に最適化したレプリケーションを実現

■Oracleに最適化した高度な論理レプリケーション
単純なファイルもしくは、ディスクのブロックベースのレプリケーションとは異なり、Oracleのトランザクションを理解し、必要な単位で必要なだけの論理レプリケーションを実現する。ネットワーク回線の効率的な利用により、距離の離れた遠隔地への転送もスムーズに行える。

■高速かつリアルタイムで動作するアーキテクチャ
レプリケーション対象のデータは、REDOログファイルから取得するため、Oracleインスタンスに対する負荷は少なく高速に動作。ネットワーク転送量は実際のREDOログ生成量の約1/3に抑制。また、コミット前の変更情報もリアルタイムに転送するため、転送遅延が発生しにくいアーキテクチャになっている。

■マルチプラットホーム/バージョン/エディションをサポート
Oracleが稼働するOS、バージョン、エディションが異なる2つのノード間のレプリケーションをサポートすることにより、既存のシステム資産を無駄にすることなく、効率的な運用が可能。また、完全に異なるシステム間のデータ複製も可能なため、新システムへの移行目的にも利用できる。

■最新バージョンでは転送先としてMicrosoft SQL Serverなどをサポート
転送先としてMicrosoft SQL Serverをサポートすることにより、OracleからSQL Serverへのサーバ無停止移行や、SQL Server上で稼動するアプリケーションでのデータ活用が可能になった。また、SybaseやODBCを経由したPostgreSQLやMySQLなどの他DBのほか、フラットファイルやXMLファイルとしての利用も可能になっている。

■転送先データベースがそのまま利用可能
転送先データベースがそのまま利用可能になっているため、単純な障害対策以外にも、レポーティング、データ分散、データ統合、データベースの停止を極小化するための移行目的など、様々な用途に活用することができる。

SharePlex
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー デル・ソフトウェア
クライアント側OS AIX、HP-UX(Itanium)、HP-UX(PA1/PA2)、Linux(x86-32/x86-64/Itanium)、Solaris(SPARC/x86/x64)、Windows(x86-32/x86-64)
クライアント側対応プロセッサ 「クライアント側OS」の項目に併記
クライアント側必要メモリ容量 1GB以上
クライアント側必要ディスク容量 ソフトウェア用として200MB、キューファイル用はトランザクションボリュームにより変動
その他特記事項 【対応Oracleバージョン】
Oracle 9i R2(RAC対応)
Oracle 10g R1(RAC対応)
Oracle 10g R2(RAC対応)
Oracle 11g R1(RAC対応)
Oracle 11g R2(RAC、Exadata対応)
Oracle 12c R1(RAC、Exadata対応)
※旧バージョンにて、Oracle 8iやOracle 9i R1についても対応

【対応SQL Serverバージョン】
Microsoft SQL Server 2008R2
Microsoft SQL Server 2012
※SQL Serverは転送先としてのみ対応
クライアント側その他動作環境 TCP/IPネットワーク
サーバ側OS AIX、HP-UX(Itanium)、HP-UX(PA1/PA2)、Linux(x86-32/x86-64/Itanium)、Solaris(SPARC/x86/x64)、Windows(x86-32/x86-64)
サーバ側対応プロセッサ 「サーバ側OS」の項目に併記
サーバ側必要メモリ容量 1GB以上
サーバ側必要ディスク容量 ソフトウェア用として200MB、キューファイル用はトランザクションボリュームにより変動
サーバ側その他動作環境 TCP/IPネットワーク

価格情報

1ノード:161万5700円〜(税別、初年度保守料込)

掲載企業

デル・ソフトウェア株式会社
URL:http://software.dell.com/jp-ja/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Oracle専用レプリケーション SharePlex カタログ(376KB)
シンプルで低コスト。異なるOS、バージョン、エディション間でも対応可能なOracle専用データレプリケーション・ソリューション「SharePlex」の特長を紹介。
SharePlex導入事例 - セントラル短資FX(2.3MB)
基幹データベースに負荷をかけず、柔軟なレプリケーションを実現。異なるOracleのエディションへの対応により、コスト削減に成功した導入事例。
SharePlex導入事例 - マルトグループホールディングス(260KB)
業務システムのディザスタリカバリ対策をリアルタイムレプリケーションにより、直前までのデータをいつでも複製先で使用できるようにした導入事例。
Active-Activeレプリケーションのための考慮点(872KB)
高可用性を実現するために、SharePlexを使用してActive-Activeレプリケーションを行うためのホワイトペーパー。