掲載日:2021/05/07 更新日:2021/05/14

【Webセミナー】クラウド上での基幹システム安定稼働のポイント

セミナー概要

イニシャルコストを抑え、拡張性を持つシステムを構築できるクラウドサービス、企業のバッチ業務や基幹系システム、インターネット関連システムなどのミッションクリティカル分野で利用が促進しています。一方、クラウドサービスでは大規模障害が発生しており、サービス停止を回避するための対策にこれまで以上に取り組む必要が出てきました。
例えば、こんなお悩みや課題はありませんか?
 - コストをかけずに、オンプレミスのシステムをそのままクラウドに移行したい
 - 障害対策としてクラウドサービスのHA機能(自動復旧機能)で十分なのか分からない
 - クラウド特有のネットワークやディスクを使用して、従来ソフトウェアで障害対策できるか不安

本セミナーでは、24時間365日の安定稼働が求められるクラウドでのシステムにおいて、万が一の障害時でもサービスを継続するしくみを実際の業務を例に挙げながらお伝えします。

◆ご紹介内容
本セミナーでは、ジョブ管理ソフトウェアを導入したシステムを例に、HAクラスタリングソフトウェアでミッションクリティカルシステムをトータルで監視し、サービス停止時間を最小化するためのポイントをお伝えします。また、クラウド特有のリソースを使用して、IaaSで柔軟に設計したシステムの障害対策の勘所をお伝えします。
※内容は都合により変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

  • 開催日
    2021/07/15(木)13:00~14:00 申込締切2021/07/14(水)
  • 開催場所
    オンラインセミナー
  • 主な対象部門
    システムの設計・運用
    情報システム部の統括
    全社スタッフ
  • 主催・共催
    富士通株式会社
  • 参加費 無料
  • 定員 なし
セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

主催・共催

富士通株式会社

掲載企業

富士通株式会社

mail contact-mwsemi@cs.jp.fujitsu.com