掲載日:2019/10/08 更新日:2019/10/08

CTIセキュリティセミナー2019 ~内部犯行から組織の重要情報を守るには~ 【名古屋開催】

CTIセキュリティセミナー2019 ~内部犯行から組織の重要情報を守るには~ 【名古屋開催】

セミナー概要

企業が保有する情報のデジタル化が急速に進み、価値のある情報の活用が進む中で、重要情報をいかに守るかが企業の課題となっています。
本セミナーでは、組織情報の重要度の説明から、内部犯行より情報を守る対策の一例をご紹介します。

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

  • 開催日
    2019/11/08(金)14:00~17:00 申込締切2019/11/01(金)
  • 開催場所
    (本社)東桜第一ビル
    名古屋市東区東桜一丁目3番10号 MAP
  • 主な対象部門
    ネットワークの設計・運用
    システムの設計・運用
    情報システム部の統括
  • 主催・共催
    株式会社中電シーティーアイ
  • 参加費 無料
  • 定員 90名

プログラム

2019/11/08 14:05〜14:55

「従業員を内部不正から遠ざけるために」

デジタライゼーション、デジタルトランスフォーメーションと企業における情報、プロセスの電子化は急速に進んでいます。情報の利用が企業の明暗を分ける時代、従業員も価値の高い情報に触れる機会が増加してまいりました。会社の情報を守り従業員も守るために必要な対策についてお話します。

講師:小屋 晋吾 氏(ニュートラル株式会社 代表取締役社長、日本ネットワークセキュリティ協会 理事)

2019/11/08 15:10〜16:00

「内部犯行やサイバー攻撃から企業の秘密情報を守るための初手」

会社の”秘密情報”は内部犯行やサイバー攻撃から守らなくてはいけません。
その為に法制度が整備され、罰則も規定されています。しかし・・・どんな管理をしていれば”秘密情報”といえるのでしょう?本講演では、法で守られる秘密情報が満たすべき要件と、講じるべき防御の初手についてお話します。

講師:佐藤 将史 氏(綜合警備保障株式会社 開発企画部 情報セキュリティサービス推進室長)

2019/11/08 16:15〜16:45

「内部犯行を検出するためのログ活用」

内部犯行や社内ネットワーク内部でのマルウェアの活動を検出するために、「どんなログを採取して、どのように分析したらよいか」を分析ツールのデモをご紹介しながら説明します。

講師:永野 憲次郎(株式会社中電シーティーアイ インフラ・セキュリティサービス部 セキュリティ基盤グループリーダー)

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

主催・共催

株式会社中電シーティーアイ

掲載企業

株式会社中電シーティーアイ

住所 名古屋市東区東桜一丁目3番10号
TEL 052-880-6709
URL http://www.cti.co.jp/