掲載日:2019/06/24 更新日:2019/06/24

社内やクラウドに散在する文書を、自動的に整理、分類、タグ付けして、価値ある「ナレッジ」に変換する方法

社内やクラウドに散在する文書を、自動的に整理、分類、タグ付けして、価値ある「ナレッジ」に変換する方法

セミナー概要


■本セミナーの対象
・ユーザー数1,000人以上の大規模な組織において
・組織内のナレッジ共有に課題があり改善したい方

■社内やクラウド(Office365、BOX、Salesforceなど)に散在する文書
ファイルサーバーは社内の至るところに分散しています。
例えば部門ごとにファイルサーバーを持っているところも多いと思います。
さらに昨今では、Office365やBOX、Salesforceなどのクラウドサービスを利用しているケースも多く、文書が散在している状況は悪化しています。

■OCR化されていない大量のスキャン画像も
また、過去に「ペーパーレス」という名目で、紙の文書を大量にスキャンしたのはよいのですが、OCR化されておらず、必要なときに探し出せないというケースは多いと思います。

■散在する文書を、価値ある「ナレッジ」に変換、イノベーションを推進する
これらの文書は、企業としてのナレッジが蓄積されている重要な資産のはずです。
しかし、散在していて必要な時に探せない状態では、残念ながら価値が無い状態です。

働き方改革が叫ばれる現在、企業としてこれらの文書を整理し、価値ある「ナレッジ」に変換して、社員の生産性を高め、イノベーションを推進する環境を整える必要があります。

■全文検索だけでは見つけられない
これは決して簡単な作業ではありません。
残念ながら全文検索だけでは必要なナレッジにたどり着くことは困難です。

■事例をベースに解説
本セミナーでは、社内に散在する文書をAlfrescoに統合し、自動的に分類、タグ付けし、かつ高度な検索エンジンを提供することで、価値ある「ナレッジ」として活用する方法を、一部事例も交えながら解説します。

例えば、新規のお客様向けに提案書を作成したいときに、そのお客様の課題をベースにナレッジを検索し、全社員の知識を活用してベストな提案書を作成することが可能になります。場合によっては社外の情報も並行して活用することも可能です。

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

  • 開催日
    2019/07/30(火)14:30~16:30 申込締切2019/07/29(月)
  • 開催場所
    港区商工会館 研修室
    〒105-0022 東京都港区海岸1丁目4−28 MAP
  • 主な対象部門
    システムの設計・運用
    情報システム部の統括
    経営者CIO
  • 主催・共催
    株式会社ヴィセント / セミナー事務局:マジセミ株式会社
  • 参加費 無料
  • 定員 18名

プログラム

14:00〜14:30

受付

14:30〜14:50

社内やクラウドに散在する文書を、価値ある「ナレッジ」に変換しなければならない理由

14:50〜15:50

Alfrescoの概要と、ナレッジ活用事例

15:50〜16:30

質疑応答

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

主催・共催

株式会社ヴィセント / セミナー事務局:マジセミ株式会社

掲載企業

マジセミ株式会社

住所 東京都港区海岸1丁目14-17 ベイサイド竹芝1307
TEL 03-6809-1257
mail staff@osslabo.com
URL https://majisemi.com/service/