掲載日:2019/06/12 更新日:2019/06/12

先行事例に学ぶ!ペーパーレス化・電子帳簿保存法対応セミナー

先行事例に学ぶ!ペーパーレス化・電子帳簿保存法対応セミナー

セミナー概要

平成27年度以降の要件緩和により、対応メリットが向上した電子帳簿保存法。さらに、平成31年度税制改正大綱においても、過去分の証憑電子化や申請の簡素化に関わるさらなる緩和が公開されました。

スキャナ保存への対応を進めることで、税務調査・会計監査対応の負担軽減等のメリットが得られます。また各種証憑の電子化にあわせて、業務プロセス改善などの働き方改革につなげる例もでてきました。

本セミナーでは、「電子帳簿保存法」の改正内容とポイント、「ペーパーレス化」に向けた具体的な対応方法と効果を、事例を交えながら紹介します。電子帳簿保存法対応をご検討中の方はもちろん、既に対応済みで適用範囲の拡張をお考えの方・ペーパーレス化について情報収集中の方も、ぜひご来場ください。

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

  • 開催日
    2019/07/24(水)14:20~17:20 申込締切2019/07/23(火)
  • 開催場所
    株式会社日立システムズ 2階 ソリューションスクエア東京
    東京都品川区大崎1-2-1 MAP
  • 主な対象部門
    情報システム部の統括
    経営者CIO
    その他
  • 主催・共催
    主催:株式会社日立システムズ/共催:スーパーストリーム株式会社、日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
  • 参加費 無料
  • 定員 20名

プログラム

13:50〜14:20

受付

14:30〜15:20

第一部「業務を最大限に効率化させるペーパーレス化のポイント」

e-文書法の改正により、多くの企業でペーパーレス化の検討が進んでいます。経理周りの「国税関係書類」以外にも、さまざまな領域でペーパーレス化による恩恵が受けられる一方、業務フローを上手に構築できないと、結局、「資料を紙で出力することが増えてしまった」「かえって業務効率が悪化した」といったことになりかねません。
本セッションでは、制度の概要とともに、業務を最大限に効率化するためのポイントを解説します。

講師:公認会計士 眞山 徳人 氏

15:20〜15:50

第二部「SuperStreamで実現するe-文書法への対応」

会計システムSuperStream-NXでの請求書等の証憑電子化やe-文書対応など、電子帳簿保存法対応を支援する機能と導入事例をデモンストレーションを交えて紹介します。

講師:スーパーストリーム株式会社 鈴木 由将 氏

16:00〜16:40

第三部「税制改定で優遇される電子帳簿保存法認定ソフトとは~電子帳票システムを見読可能装置として活用するメリットとは~ 」

平成31年度税制改正において、公益社団法人による認定ソフトに対して申請の簡素化が今後図られます。
本セッションでは、認定ソフトとは何かを解説するとともに、あらためて電子帳簿保存法に焦点をあて、ペーパーレスの活用ポイントや具体的な事例を紹介します。

講師:日鉄日立システムエンジニアリング株式会社 大沼 章一 氏

16:40〜17:00

第四部「ペーパーレス推進・電帳法対応による業務改善 - ご提案事例」

平成27年度の電帳法要件緩和以降、電帳法対応や業務のペーパーレス化推進に取り組まれる企業の増加が続ています。一方で、検討が中断または延期となるケースも決して少なくありません。
本セッションでは、こうした電帳法対応に関わる日立システムズの提案事例を紹介します。ケーススタディを通じ、電帳法対応やペーパーレス化推進のための、システム検討のポイントについて案内します。

講師:株式会社日立システムズ

17:00〜17:20

質疑応答/個別相談会

セミナーに申し込む

外部サイトに移動します

主催・共催

主催:株式会社日立システムズ/共催:スーパーストリーム株式会社、日鉄日立システムエンジニアリング株式会社

掲載企業

株式会社日立システムズ

住所 東京都品川区大崎1-2-1
URL http://www.hitachi-systems.com/