コロナ禍でセキュリティと操作性を両立した在宅勤務を素早く実現

コロナ禍でセキュリティと操作性を両立した在宅勤務を素早く実現

企業向けのセキュリティ対策を手掛けるラックは、企業の重要情報など機密情報を扱うセキュリティ監視センターの業務を在宅にて実施できる環境を整備した。

  • 業務のIT化
  • 情報サービス業
  • 情報システム部門(運用系)
コロナ禍でセキュリティと操作性を両立した在宅勤務を素早く実現

企業の情報セキュリティを保護するラックのセキュリティ監視センター「JSOC」では、従来は社外への機密情報の持ち出しが禁止されていた。しかし新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、高いセキュリティを確保しながら在宅勤務に対応することが急務となった。同社の試みはコロナ禍の在宅勤務に課題や不安を抱える企業にも参考になるはずだ。

事例資料をダウンロード

課題

 「JSOC」では、従来は機密情報の社外への持ち出しが禁止されていた。しかし、新型コロナウイルスに伴い、万が一社員が罹患した場合、センターが隔離されサービスが停止してしまうという懸念が出てきた。そこで同社では安全なリモートアクセス環境が急務となった。
 当初あるツールでリモートアクセスを試すもレスポンスが悪く、VPNによるアクセスが必要であったため、パフォーマンス性と帯域の面で使用を断念することとなった。

解決方法

 そこで同社が目を付けたのは、VPNを使用せず安全かつ快適に自社端末にリモートアクセスできるクラウドプラットフォーム。低帯域にもかかわらず、文字入力への反応や画面表示をスムーズに行えるなど、パフォーマンスの検証で高い性能を発揮。
 セキュリティ面は、クリップボード機能やファイル転送機能によりデータを社外へ持ち出せないように制御したり二要素認証によるアクセス制限を強化したりと十分な対策を取ることができた。

効果

 こうしたシステムの導入により、厳しい制約がある中で強固なセキュリティと高いパフォーマンス性を兼ね備えた在宅勤務を実現。低帯域でも軽快に動作するほか、分析システムの反応速度に与える影響もないと判断された。
 さらに、同社が提供するセキュリティ監視サービスを利用するユーザーに在宅勤務の導入を伝えたところ、コロナ禍でもサービスを継続しようとする意思について高い評価を受けたという。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 業務のIT化
業種 情報サービス業
部署 情報システム部門(運用系)
地域 国内
導入年 2020年

提供企業・製品

導入製品名:TeamViewer

提供企業:TeamViewerジャパン株式会社

URL:https://www.teamviewer.com/ja/