MobiControl

MobiControl

セキュリティ確保と運用効率化をマルチプラットフォームで実現

ハンディターミナルを含むマルチOSに対応し、セキュリティの確保と業務端末運用の効率化を実現するMDM(モバイルデバイス管理)。
<おすすめユーザー> 幅広いスマートデバイスに対して、セキュリティ確保と一元管理を行いたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

スマートデバイス活用のポイント(4.8MB)
「MobiControl」のコンセプトや特長、料金表などを紹介。

セキュリティ確保と運用効率化をマルチプラットフォームで実現

 「MobiControl」はロックやワイプ、データ漏えい防止、フィッシング防止といったセキュリティの確保、および、「端末のリモートコントロール」「アプリの配信・更新」「ファイル同期」「グループウェアとの連携」「位置情報の把握」「専用端末化」などの業務端末運用の効率化をマルチプラットフォームで実現したMDMだ。

ハンディターミナルを含むマルチOS対応
 業務端末、スマートフォン、PC機器も含めたトータルサポートが可能。Windows Mobile(5.0、6.0、6.1、6.5、6.5.3)、Pocket PC(2002、2003)、CE .NET(Windows CE 4.2、5.0、6.0、7.0)、Windows Vista以降のDesktop OS、iOS 7以降、Android 2.3以降の各OS/プラットフォームに対応している。

新しいサービスへの対応
 アップルの提供するVPP(Volume Purchase Program)やDEP(Device Enrollment Program)、グーグルの提供するAndroid for Work、サムスンの提供するKNOXなど、新しいサービスや機能にいち早く対応している。

階層型グループ・端末の管理
 階層を持ったグループでの端末を管理したり、階層のポリシーを継承して利用できる。また、グループ全体に対して、個別グループに対してのメッセージ、スクリプトの実行などフレキシブルな管理も可能。

動的なセキュリティポリシー適用や実運用に沿った細かな設定と管理
 端末のイベントやステータスに合わせ、セキュリティポリシーを動的に変更が可能。この機能により、管理者が都度操作を行う必要がなく、会社のポリシーに沿った運用ができる。アプリのインストールやファイルの同期時にWi-Fi/電話回線の選択が可能など、細かな設定が行える。

メーカーとの共同開発
 メーカーと共同で開発することにより、より正確な制限・制御を実現。バージョンアップがあった場合でも、安定した制限・管理が可能。

MobiControl
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 クラウド
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

サービス提供会社 SOTI Inc/ペネトレイト・オブ・リミット
動作環境 ・MobiControl管理サーバ
Windows 7/8/10のデスクトップOS、Windows 2008 R2以降のサーバOS

・データベース
Microsoft SQL Server 2008 Express Edition以降の全エディション
提供エリア 全国
オプションサービス -
その他サービス -
その他特記事項 ・エージェント
Windows Mobile(5.0、6.0、6.1、6.5、6.5.3)、Pocket PC(2002、2003)、CE .NET(4.2、5.0、6.0、7.0)、WindowsVista以降のデスクトップOS、iOS 7以降、Android 2.3以降

※最新の動作環境についてはお問い合わせください。

価格情報

SaaSサービスプラン
初期費用:5万円
月額費用:500円/デバイス
※価格は税別。最低購入本数50本、最短契約期間6カ月

掲載企業

SB C&S株式会社
URL:http://smabiz.jp/index.html

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

スマートデバイス活用のポイント(4.8MB)
「MobiControl」のコンセプトや特長、料金表などを紹介。