RPAの定着により、1カ月に20時間の作業時間削減や意識改革を達成

三和ホールディングス株式会社

RPAの定着により、1カ月に20時間の作業時間削減や意識改革を達成

三和ホールディングスではグループ会社全体で働き方改革を推進、さまざまな業務効率化を図っている。そうした取り組みから、RPAを活用した業務自動化事例を紹介する。

  • 業務自動化
  • 流通業・商社
  • その他事業部門
RPAの定着により、1カ月に20時間の作業時間削減や意識改革を達成

三和ホールディングスのグループ会社の1つ、総合通販サービス事業などを展開するアイリンクス。現場の担当者の使い勝手のよいRPAツールを選定し、部活動として使い方を啓蒙することで定着に成功した。今や多くの業務時間を削減しつつ、少ない人員で効率的に仕事をしており、業務のより本質的な価値の向上に努めているという。

事例資料をダウンロード

課題

 アイリンクスは、働き方改革を念頭に置いた企業体質の改善を目標にRPAの導入を検討。当初システムが得意な社員にロボットの作成を任せたものの、メンバーに共有すると「なんだか難しそう」で終わってしまう。結局現場レベルで活用するまでに至れないまま、ロボットを作成した社員の退職に伴ってツールを使える人が不在に。スキルを持つメンバーに頼ったことで、社内には定着することができなかった。

解決方法

 そんなときに舞い込んだ別のRPAツールの無料トライアルの話。文字ベースではなく、画像認識機能を使ったロボットの制作が可能なとっつきやすいツールだったこともあり、メーカー担当のサポートを受けながら、社員たちはツールを手にしてみるようになった。さらに部活動の形式で利用を促進、「働き方改革コンテスト」を開催することで社員のやる気を促した。現場主導のマネジメントによって、RPAの定着を図ったのだ。

効果

 結果、社員たちは「広告効果測定」や「在庫管理」「意思決定サポート」などの業務を実行するロボットを作成、業務効率の改善とともに社内の活性化にもつながった。例えば、在庫管理ロボでは、1カ月に20時間かかっていた作業がなくなり、在庫情報をメンバーに共有することで、「顧客に喜んでもらうには」という本質的な部分まで考えるようになった。
 中小企業のDXはRPAから。人材が育つRPAだからこそ業務効率化が実現できた。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 業務自動化
業種 流通業・商社
部署 その他事業部門
地域 国内
導入年 2019年

提供企業・製品

導入製品名:純国産RPAソフト「Robo-Pat(ロボパット)」

提供企業:株式会社FCEプロセス&テクノロジー

URL:https://fce-pat.co.jp/