他システムと同じID、パスワードで、無線LAN接続の認証を可能に

東京薬科大学

他システムと同じID、パスワードで、無線LAN接続の認証を可能に

大学は基本的にオープンな場所。学生や教員だけが入ってくるとは限らない。無線LANの設置には強固な認証システムの併用が不可欠だが従来の製品は高価なものばかりだった。

  • セキュリティ強化
  • 教育業・学習支援業
  • 情報システム部門(運用系)
他システムと同じID、パスワードで、無線LAN接続の認証を可能に

東京薬科大学は学内にLANを張り巡らせLDAPサーバで学生情報を管理、統一の認証基盤として利用していた。そんなある日、大学院薬学研究科の医療薬学専攻教室に新たなネットワーク敷設の構想が持ち上がった。学生がネットワークを自由に利用できるよう無線LANの設置を検討。しかし学生の安全を守るには、強固な認証システムの併用が欠かせない。

事例資料をダウンロード

課題

 システムごとに管理の異なるIDやパスワードを発行したのでは、学生の利便性が下がり、活用率も低下する。無線LANと併用する認証システムの候補として、学内の認証基盤として活用しているLDAPとの連携が可能な認証システム製品が多数挙がっていたが、いずれも高機能であり、非常に高価な製品ばかり。

解決方法

 LDAPと連携してLANの入り口で認証を行い、ボディーもコンパクトな「FEREC」を研究室でテスト導入。必要な機能が備わっていることを確認した後、教室へ本格的に導入。Webブラウザを利用して認証を行う認証ゲートウェイのFERECでセキュリティを確保。LDAPサーバとの連携機能により既存の認証基盤を活用。学生情報は全てLDAPサーバで一元管理されているため、導入時に必要な設定は、LDAPサーバの指定程度。

効果

 既存認証基盤を利用できたことで、新たなID、パスワードを発行せずに済んだ。管理側の負担軽減のみならず、学生のネットワーク利用に対する障壁を取り除くことも可能に。

 OSの種類を問わないWebブラウザを使った認証方式であるFERECなら、WindowsやMacintoshはもちろん、Linuxなどその他のOSでも利用できる。認証画面へのアクセスも簡単なため、学生が積極的に無線LANを活用できる環境が整った。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 セキュリティ強化
業種 教育業・学習支援業
部署 情報システム部門(運用系)
地域 国内
導入年 -

提供企業・製品

導入製品名:eFEREC

提供企業:株式会社ネットスプリング

URL:http://www.eferec.jp