事例

マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス株式会社

Office 365導入でセキュリティと通信速度の両立に苦慮、オルファの解決法は?

Office 365の導入により通信量が増加し、業務に支障を及ぼすほどの速度低下に直面したオルファ。その原因となっていた、各拠点に設置されたゲートウェイアプライアンスに代わるセキュリティ対策製品として同社が選んだものは?

要約

 「折る刃」式カッターナイフなど、刃物手道具の開発や製造を手掛けるオルファ。社員の海外出張が多い同社では、場所や端末を問わずメールやデータを効率的にやりとりするため、2017年にOffice 365の採用を決定した。しかし、その導入の結果、通常業務に支障が出るほどにインターネット回線の通信遅延が生じてしまった。

 原因は、各拠点に設置されたゲートウェイアプライアンスだった。Office 365導入によるトラフィック急増に対応できず、通信のボトルネックとなっていたのだ。また、この方式には、ゲートウェイを経由せずにインターネット接続を行う「持ち出しPC」に対して安全性を確保できないという課題もあった。

 そこで同社が既存製品に代わる新たな対策として選んだのが、https通信のセキュリティ強化やリアルタイムでのURLフィルタリングなど豊富な機能を搭載した、クラウド型のセキュリティサービスだ。選定の決め手は、利便性とセキュリティが両立できること、短期間で導入できることだったというが、果たしてこれにより同社の課題はどのように解決されたのか。本コンテンツで詳しく確認していこう。

アンケート