レポート

株式会社デジタルハーツ

株式会社デジタルハーツ

世界の産業分野別攻撃耐性と、サイバーセキュリティ対策強化に向けた5つの提言

拡大するオンラインサービス市場では、セキュリティ対策による信頼性の構築が重要な差別化要素となる。世界の主要企業は、サイバー攻撃の脅威から、どんな手段で自社資産と顧客情報を保護しているのか、最先端の取り組みと効果を解説する。

要約

 Amazonやドミノピザなど、オンラインサービスで成功を収めている企業に共通するのは、顧客の期待を満たす高い信頼性だ。しかしその信頼を、サービス中断や顧客情報の流出により一瞬にして失い、株価の下落や利用者の激減を招いてしまうことがある。

 このような脅威となるサイバー攻撃を前に、企業が考えるべきなのは、サービス内容による競争だけではない。確かなセキュリティ対策が、企業価値を決定づける要素だという認識を持ち、明確な指標による戦略と継続性のある対策強化を図る必要がある。世界の主要企業は、自社サイトに潜む脆弱性とその深刻度などによる「攻撃耐性スコア」という計測基準を導入し、実効性の高い対策を継続している。

 その出発点として最適なのが、本コンテンツで紹介する「ペネトレーションテスト」と産業分野別の「攻撃耐性スコア」に関するレポートだ。不確かだった自社のセキュリティ対策状況と業界基準値の可視化がもたらす効果、そして信頼性構築に向けた5つの提言をまとめているので、ぜひこれからの参考に一読いただきたい。

アンケート