製品資料

シンクソート・ジャパン株式会社

シンクソート・ジャパン株式会社

GDPR対応はどこから始めるべき? データ活用も規制対応も実現するカギとは

データの価値が注目される一方で、EUで一般データ保護規則(GDPR)が施行されるなど、その取り扱いに関する規制も強化されている。新たな顧客権利や法規制に対応する上で、ますます重要となるのがデータ品質管理ツールだ。

要約

 2018年5月に施行されたEUの一般データ保護規則(GDPR)は、EU圏内の企業だけでなく、EU市民の個人データを処理・保有する、全ての企業に適用される。顧客が、企業の保有する自身の個人情報にアクセスしたり、不正確な情報を修正したりできる権利が認められた他、企業には個人情報漏えい時に72時間以内の規制当局への通知が義務付けられた。

 こうした変化を受け、重要性が増したのがデータ品質管理ツールだ。従来はマーケティングや営業で活用されてきたが、収集データやその所在、処理・保管方法、データの使用者などを可視化し、データ品質を向上できれば、収益向上につながる気付きが得られるだけでなく、GDPRなどのデータ保護規制の遵守にもつながる。

 本資料では、GDPRの概要をあらためて解説するとともに、その遵守に向けてデータ品質とデータガバナンスを向上させる方法を紹介している。GDPRのようなデータ保護規制への対応において、データ品質主導の取り組みが効果的な理由が分かるだろう。

アンケート