レポート

マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス株式会社

無線LAN運用の負荷を軽減する「クラウドWi-Fi」徹底解説

無線LANの企業ニーズが高まる中、問題となるのがアクセスポイントなどの運用管理だ。そこで、無線LAN市場において注目を集めるクラウドWi-Fiの導入が視野に入るが、一体どこまで管理を効率化できるのだろうか。

要約

 数年前と比べると、現在は企業が手軽に無線LAN環境を構築できる時代になった。しかし、無線LANが企業ネットワークの中核を担うようになったことで、無線LANの運用工数が情報システム部門に大きくのしかかる。

 複数に拠点を持つ組織では、各拠点に無線LAN設備を導入し利用するケースも珍しくはない。そうなると利用するアクセスポイントの数も多く、情報システム部門の管理工数は膨らむばかりだ。特に、少数で管理する組織であればこれは大きな問題である。

 こうした状況の中、最近はアクセスポイントのコントロールをクラウドで管理できる、いわゆる「クラウドWi-Fi」の導入が進みつつある。アクセスポイントの接続状況や障害情報などを管理コンソールで可視化できるため、無線LAN管理の効率化の手段として企業の注目を集めている。

 本資料では、実際の管理画面も交えながら、クラウドWi-Fiによって「何をどう管理できるのか」を詳しく説明する。

アンケート