レポート

マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス株式会社

“10ギガビット無線LAN”が現実に? 新規格「IEEE 802.11ax」とは何か

進化を続ける無線LAN技術だが、現在、次世代規格といわれる「IEEE 802.11ax」に注目が集まる。802.11axに対応したルーターなども徐々に出始めているが、「IEEE 802.11ac」と何が違うのか。

要約

 早いペースで進化を続ける無線LAN技術。2014年に「IEEE 802.11ac」が発表され、現時点での最新無線LAN規格としてさまざまなところで活用されている。

 そして、今、IEEE 802.11acに次ぐ規格として「IEEE 802.11ax」に注目が集まる。802.11axは、10Gbpsという高速データ通信を実現する次世代無線LAN規格だ。802.11acの第2世代の規格である「IEEE 802.11ac Wave 2」と比べ、約40%の高速化が見込まれる。

 だが、IEEE 802.11axには注意すべき点があるという。そこで、本コンテンツでは、802.11acと802.11axの概要を紹介するとともに、802.11axにおいて注意したいポイントについて説明する。

アンケート