AX8600Sシリーズ

AX8600Sシリーズ

100GbE、フルルート対応のハイエンドコアスイッチ

最高100GbE×16ポート、最大スループット6.4Tbps、フルルート対応の経路テーブルなどをサポートした大規模バックボーンネットワーク向けのハイエンドコアスイッチ。
<おすすめユーザー> 大規模バックボーンネットワークに最適なコアスイッチを探している通信キャリア/ISPやデータセンター、企業/大学/研究所など。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

すぐ分かる!≫≫「AX8600Sシリーズ」リーフレット(636KB)
AX8600Sシリーズの特長、性能・機能、適用例、スペックなどを2ページに簡潔にまとめた資料です。
詳しく分かる!≫≫「AX8600Sシリーズ」詳細資料(2MB)
AX8600Sシリーズの開発背景や特長、性能・機能、ターゲット市場、他社製品との比較、既存モデルからの進化ポイントやリプレースパスなどを詳しく解説した資料です。

100GbE、フルルート対応のハイエンドコアスイッチ

AX8600Sシリーズは、100Gbpsのハイパフォーマンスや仮想化の進展、技術革新サイクルの短期化などに対応できる次世代ハイエンドコアスイッチだ。収容できる100Gビットイーサネット(100GbE)のポート数や最大スループットなどにより、AX8608S、AX8616S、AX8632Sの3モデルがある。

●最先端のネットワークを支えるハイパフォーマンス
収容できる100GbEのポート数と最大スループットは、AX8608Sは4ポート/1.6Tbps、AX8616Sは8ポート/3.2Tbps、AX8632Sは16ポート/6.4Tbps。フルルート対応の経路テーブルなど大規模システム向けの収容条件をサポートしており、通信キャリア/ISPやデータセンター、公共ネットワーク、大企業/大学/研究所などのバックボーンネットワークに最適なハイパフォーマンスを備えている。

●管理者の負担を大幅に軽減できる運用性
日々の運用管理業務を効率化・省力化する運用支援スクリプト機能や定型コンフィグ操作を装置内でマクロ化できるコンフィグテンプレート機能などを備えており、仮想化の進展によって複雑さが増すネットワークインフラの運用自動化を実現できる。

●設備投資を最適化できる柔軟性
1/4スロットサイズのインターフェースカード単位で増設できるマイクロラインカード構造を採用。異なる種別のインターフェースカードを混載した場合の無駄を大幅にカットでき、段階的な帯域拡大や既存設備を活かしたマイグレーションなどで、技術革新サイクルの短縮化に対応した設備投資の効率を最適化できる。

●フォールト・トレラント・アーキテクチャで高可用性を実現
1台で2台分の機能を装備し、障害発生時には最短50ミリ秒の切り替え時間で運転を継続できるフォールト・トレラント・アーキテクチャを採用。更に、冗長切り替え処理の一部をオフロードできる新開発のプロトコルアクセラレータ(PA)の搭載により、より高速なリンクアグリゲーションの切り替えを実現している。

AX8600Sシリーズ
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ハードウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー アラクサラネットワークス
寸法 ACモデル:443(幅)×734(奥行)×262(高さ)mm
DCモデル:443(幅)×763(奥行)×262(高さ)mm
質量 80.0kg
電源 ACモデル:AC 100〜240V
DCモデル:DC -48V
筐体タイプ ラックマウント(6U)
その他特記事項 -
対応レイヤー レイヤー3対応
プロセッサ -
メモリ容量 -
VLAN数 4095
スループット 最大1.6Tbps
LANインターフェース 100GBASE-R(CFP)×4
10GBASE-R(SFP+)×48
1000BASE-X(SFP)×96
10/100/1000BASE-T×96

価格情報

1425万円〜(AX8608S)
※税別

掲載企業

アラクサラネットワークス株式会社
URL:http://www.alaxala.com/jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

すぐ分かる!≫≫「AX8600Sシリーズ」リーフレット(636KB)
AX8600Sシリーズの特長、性能・機能、適用例、スペックなどを2ページに簡潔にまとめた資料です。
詳しく分かる!≫≫「AX8600Sシリーズ」詳細資料(2MB)
AX8600Sシリーズの開発背景や特長、性能・機能、ターゲット市場、他社製品との比較、既存モデルからの進化ポイントやリプレースパスなどを詳しく解説した資料です。