製品資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ネットワーク管理をシンプルに、タスク自動化も容易なコアスイッチの実力

モバイルの多様化やクラウド移行によりLAN環境が複雑化する中、とりわけ重い管理負担を強いられているのがキャンパスネットワークだ。ネットワーク側にタスクの自動化や可視化など、管理をシンプル化する機能が求められている。

要約

 モバイルデバイスによる業務モデルの変化や、基幹業務のクラウドサービスへの移行が進む中で、LANには複雑な管理が付きものになった。中でもキャンパスネットワークは複雑化の影響が大きく、ネットワークに高度な簡素化や可視化、自動化を支援する機能が求められている。

 そのニーズを受けて、ネットワークのコアスイッチ製品、中でもそのOSが大きく進化し始めている。最新の製品は、ネットワークやシステムなどをモニタリングするとともにインサイトを提供し、プロアクティブな分析・対応を可能にした。また、RESTful APIやPythonインタープリターを実装することで、複雑なネットワークタスクの自動化、他のインフラやアプリケーションとの統合なども容易になっている。

 本資料は、標準的なレイヤー2およびレイヤー3の機能を持つキャンパスネットワークの先進的なコアスイッチ製品を紹介するとともに、組織に与えるインパクトや将来的な展望を論じた分析レポートだ。SDNに寄せられる期待を実現するカギとなるだろうイーサネットスイッチ市場の最新動向を確かめてほしい。

アンケート