レポート

ヴイエムウェア株式会社

ヴイエムウェア株式会社

Office 365をはじめSaaSの通信最適化・セキュア化を可能にするSD-WAN活用のコツ

Office 365をはじめ業務アプリケーションがクラウド主体になる中、性能・コスト両面から注目されるのがSD-WANだ。従来のネットワークが抱える複雑性や運用負担を解消するとともに、通信の可視化といったセキュリティ面の効果も期待できる。

要約

 クラウドの利用拡大やSaaSアプリケーションの高度化に伴って、広域ネットワーク(WAN)にも俊敏性と柔軟性が求められるようになった。そこで登場したのがSD-WANだ。従来のネットワークでは、拠点ごとに異なる設計・設定により複雑化しやすく、拠点ルーターの設定変更やバージョン管理のリスクが避けられなかったが、SD-WANなら複雑性を排除して、クラウドから一括管理でき、回線帯域の確保もしやすくなる。

 ただ、SD-WANのメリットはこうした表面的な部分にとどまらない。回線品質やトラフィックを可視化するとともに、クラウドアプリケーションを自動認識することで、クラウドサービスへの経路最適化が可能になる。Office 365のようなSaaSにおいて、この効果は大きい。

 当然だが、通信の可視化はセキュリティ面でも効果を発揮する。本資料では、このSD-WANのメリットをあらためて解説するとともに、Office 365の利用環境での回線品質などの検証結果をまとめている。本資料で利用した製品は、機器の統合や展開の簡素化においても優れており、WANで解消しきれなかった多様な課題の解決策となるだろう。

アンケート