高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO X」

高可用性クラスタリングソフトウェア 「CLUSTERPRO X」

クラウド環境や仮想化環境でも業務を継続するクラスタシステム

業務システムの障害を監視し、障害発生時には業務を健全なサーバに自動的に引き継ぎ、高可用性を実現するHA(ハイアベイラビリティ)クラスタリングソフトウェア。
<おすすめユーザー> ハードウェアやアプリケーションの障害や、災害による障害からシステムを守り、高可用性システムを構築したいユーザー。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

CLUSTERPRO X 4.0 for Windows/Linux 製品紹介資料(5.23MB)
CLUSTERPRO X 4.0 for Windows版/Linux版の紹介資料です。
CLUSTERPRO製品ご紹介資料(クラウド向け)(2.63MB)
クラウド環境(AWS、Azureなど)向けのCLUSTERPRO X 4.0の紹介資料です。

クラウド環境や仮想化環境でも業務を継続するクラスタシステム

CLUSTERPROは、高可用(HA)クラスタリングソフトウェアとして、日本を含むアジア・パシフィックで8年連続シェアNo.1を達成*。

■障害発生時に業務を自動継続
業務を稼働しているサーバが障害などにより停止しても、実行していたアプリケーションやサービスなどの業務システムをスタンバイサーバへ自動的に引き継ぐ。CLUSTERPROならではのスタンバイサーバの障害監視機能も搭載。

■障害発生時のRPO・RTOを最小化
障害発生の直前までのデータを保持しているためRPO(目標復旧時点)の最小化が可能。また、障害検出後、スタンバイサーバで業務を自動で再開するため、RTO(目標復旧時間)の最小化が可能。

■遠隔クラスタによる災害対策
バックアップサイトを遠隔地に設置し、災害による業務停止のリスクを低減。障害対策と同様のオペレーションで災害対策が可能。

■仮想化ソフトウェアのHA機能を補強
仮想化ソフトウェアのHA機能では、検出できない仮想マシン内部のソフトウェア障害をCLUSTERPROで補強することでより高可用なシステムを実現。

■クラウド環境のシステムの課題解決だけでなく、運用コストも削減
HAクラスタ化により、クラウドベンダーが定義するSLA要件を満たし、クラウド環境での仮想マシンやストレージの可用性を確保。クラウドベンダーの計画停止対策も可能。

■刷新されたユーザーエクスペリエンス
直感的な操作が可能なGUIにより、簡単にHAクラスタ構築が可能。

*出典:IDC's Worldwide Semiannual Software Tracker (2016 H2)IDC Japan

関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー NEC
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 * 詳しくは製品Webサイトをご確認ください。
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2016/2012 R2/2012
Asianux Server 7/4 == MIRACLE LINUX V7/6
Red Hat Enterprise Linux 7/6
CentOS 7/6
ほか*
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 256MB以上
サーバ側必要ディスク容量 インストール直後 : 140MB
運用時最大 : 2.0GB
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

61万円〜(税別)

掲載企業

日本電気株式会社
URL:http://jpn.nec.com/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

CLUSTERPRO X 4.0 for Windows/Linux 製品紹介資料(5.23MB)
CLUSTERPRO X 4.0 for Windows版/Linux版の紹介資料です。
CLUSTERPRO製品ご紹介資料(クラウド向け)(2.63MB)
クラウド環境(AWS、Azureなど)向けのCLUSTERPRO X 4.0の紹介資料です。