Systemwalker Software Configuration Manager

Systemwalker Software Configuration Manager

クラウドで自動配備されたリソース情報収集とパッチ適用が可能

クラウドにより動的に配備したリソース情報の自動収集・管理が実現するソフトウェア。サーバへのパッチ配付/適用も一元管理可能。システム管理者の作業負担を軽減する。
<おすすめユーザー> サーバ集約/仮想化環境で、動的に変更されるサーバリソース管理作業負担が増加。サーバ管理の負荷軽減と効率化を検討中の企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

配備されたリソース情報の収集とパッチの適用製品カタログ(373KB)
クラウド上に配備されたリソースの情報を自動で収集・管理。更にサーバへのパッチ配付/適用も一元管理できることで、システム管理者への作業負荷を軽減する製品です。
Systemwalker Software Configuration Managerの新機能ご紹介(1MB)
クラウドで動的配備したリソースの自動収集の仕組みや、そこで収集した情報の一元管理の方法。またパッチ管理の詳細など、新機能のご紹介です。
Systemwalker Software Configuration Managerの導入効果(1.1MB)
タイムリーなリソース情報の把握、ガバナンスを利かせたパッチ管理、システム構築時間短縮と人的ミス削減など、本製品の導入効果をご紹介しています。

クラウドで自動配備されたリソース情報収集とパッチ適用が可能

Systemwalker Software Configuration Manager(システムウォーカーソフトウェアコンフィグレーションマネージャー)は、クラウドにより動的に配備したリソース情報の自動収集・管理を行う。また、サーバへのパッチの配布/適用も一元管理。インフラ管理者の作業負担を軽減する。

●リソース情報の自動収集と見える化
業務サーバのソフトウェア構成情報を自動的に収集(ディスカバリ)し、CMDB(Configuration Management DataBase)に登録。ディスカバリにより収集された各サーバのサーバ名、ホスト名やIPアドレス、OSのパッチ適用状況などの構成情報を一元管理し一覧表示する。

●サーバのパッチ適用状況の見える化
OS・ミドルウェアのパッチ適用状況が一元管理され、視覚的に把握できる。パッチが適用されていないサーバがある場合には、該当するサーバはアラート表示されるので容易に把握可能。また、複数のサーバに対し、パッチの自動適用が容易。

●誤操作の防止と、セキュリティリスクの低減に貢献
担当以外の情報へのアクセスや操作を防ぐために、運用管理者のテナント情報や権限に従い、見える範囲・操作できる範囲を制限可能。誤操作防止、セキュリティリスクの低減に貢献する。

●システム構築時間の短縮と人的ミス削減
論理的なプラットフォーム(L-Platform)を配備する場合に、搭載しているソフトウェアのパラメータを自動で設定。工数がかかるクラウドシステムの構築時間を短縮し、人手によるシステム構築の人的ミスの予防に効果的。

Systemwalker Software Configuration Manager
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー 富士通
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 [業務サーバ]
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2008
Microsoft Windows Server 2003 R2
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
[必須ソフト]
ServerView Resource Orchestrator Cloud Edition V3.1
クライアント側その他動作環境 [Webクライアント]
Windows Internet Explorer 9
Windows Internet Explorer 8
サーバ側OS Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2008
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
サーバ側対応プロセッサ [管理サーバ]
Intel(R) Xeon(R) 3GHz 以上
サーバ側必要メモリ容量 [管理サーバ]
3.0GB以上
サーバ側必要ディスク容量 [管理サーバ]
インストール先ディレクトリ 3GB
動的ディスク容量: 2.5GB以上
サーバ側その他動作環境 [連携サーバ]
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2008
[仮想化ソフトウェア]
VMware vSphere ESX 4.0
VMware vSphere ESX 4.1/ESXi 4.1
VMware vSphere ESXi 5.0
Hyper-V 2.0

価格情報

10万円〜(税別)

掲載企業

富士通株式会社
URL:http://jp.fujitsu.com/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

配備されたリソース情報の収集とパッチの適用製品カタログ(373KB)
クラウド上に配備されたリソースの情報を自動で収集・管理。更にサーバへのパッチ配付/適用も一元管理できることで、システム管理者への作業負荷を軽減する製品です。
Systemwalker Software Configuration Managerの新機能ご紹介(1MB)
クラウドで動的配備したリソースの自動収集の仕組みや、そこで収集した情報の一元管理の方法。またパッチ管理の詳細など、新機能のご紹介です。
Systemwalker Software Configuration Managerの導入効果(1.1MB)
タイムリーなリソース情報の把握、ガバナンスを利かせたパッチ管理、システム構築時間短縮と人的ミス削減など、本製品の導入効果をご紹介しています。