製品資料

株式会社ジャストシステム

株式会社ジャストシステム

ファイルサーバのリプレースを楽にするデータ整理術「GDMS 4.0」

データの急増に対応しようとファイルサーバのリプレースを実施しても、業務 効率が改善するとは限らない。その目的を達成するためには、まず現状の可視化と 移行すべきデータの整理に取り組みたい。本資料では、そのコツを紹介する。

要約

ファイルサーバのリプレースを楽にするデータ整理術「GDMS 4.0」

 ストレージやOSのサポート期限切れ、容量の不足、業務効率化のための統合など、ファイルサーバのリプレースを検討する動機はさまざまだ。だが、新設や増設に取り掛かる前に考えるべきことがある。それは、データの増加傾向や利用率の高い部署などの現状把握だ。

 中でも、ディスク容量を圧迫した原因を特定することは重要だ。ディスクが不足するたびディスクを増設してきた場合、管理が行き届いていないだけで、実際には不要なファイルを整理する余地が大幅に残されている可能性もある。

 このような可視化とデータ整理によって、リプレース自体が不要となることもある。本コンテンツでは、ディスク容量の圧迫に悩むIT部門の助けとなるヒントが解説されている。可視化のポイントやデータ整理のコツなど、的確なリプレースを実現する方法を詳しく見ていこう。

アンケート