製品資料

レノボ・ジャパン株式会社

レノボ・ジャパン株式会社

生産性と人間工学で考える、「マルチタスキング2.0」に必要なデバイスとは

マルチタスクの生産性を高めるには、深い内容を瞬時にやりとりできるよう設計されたコンピューティング環境が求められる。この「マルチタスキング2.0」と呼ぶべき環境を構築するための、ハードウェアや周辺機器選定のポイントを解説する。

要約

生産性と人間工学で考える、「マルチタスキング2.0」に必要なデバイスとは

 ある調査によると、マルチタスクにより生産性が最大40%低下する可能性があることが分かった。これは、マルチタスクが、タスクの切り替えで成り立っていることに起因する。“切り替え”場面の増大は作業への関わりが浅くなるとともに、切り替え時間も新たな負担となる。この課題を解決するには、より深い内容を瞬時にやりとりできるよう、最適化・設計された環境が求められる。

 こうした「マルチタスキング2.0」とも呼べる環境を実現するのに、取っ掛かりやすいのが周辺機器の改善だ。例えばデュアルモニターの追加・サイズの拡大、通話用ヘッドセットの導入などにより、生産性が4割近く向上する可能性があるという。ただし、こうした周辺機器を活用するには、最新世代プロセッサのコンピューティング能力をはじめ、ハード面の改善も必要になる。

 また、従業員の身体的負担を十分に考慮しないマルチタスキング環境は、最終的に大きなコスト増や生産性低下を招く可能性もあるため、ブルーライトやPC操作時の姿勢を改善する機能も求められる。本資料ではこのように、マルチタスキング2.0を実現するためのハードウェアや周辺機器選定のポイントを詳しく解説する。

アンケート