IT資産/セキュリティ統合管理システム 「MCore」

IT資産/セキュリティ統合管理システム 「MCore」

ユーザー自ら使うために作った運用重視設計のIT統制システム

  • 一元管理機能
  • 外国語対応
  • ログ管理

IT資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
<おすすめユーザー> 使い勝手のよいクライアント管理ツールをお探しの企業。
1システムで段階的に資産管理からセキュリティ対策まで実施したい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

MCoreカタログ(10.1MB)
IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」の特長と各機能の詳細を紹介しています。
Windows 10端末の脆弱性対策リーフレット(1.93MB)
企業内ネットワークに負荷をかけずに大容量セキュリティパッチを配信する新配信機構をご紹介しています。
ManagementBoxリーフレット(876KB)
ネットワーク検疫アプライアンス「ManagementBox」の特長や機能、運用方法を紹介しています。

ユーザー自ら使うために作った運用重視設計のIT統制システム

MCoreはIT資産管理からセキュリティ対策、検疫までをトータルかつシームレスに実現!統合環境によるシナジー効果でユーザーの負担軽減に大いに貢献する。

■資産管理とセキュリティ管理がシームレスに連携
クライアントとネットワークに優しい省メモリ&低負荷設計のエージェントが、自PCの状態を監視・判断してインベントリを適時に送信。セキュリティ対策のベースとなるIT資産の管理情報が正確かつ漏れなく収集され、操作ログなどセキュリティ情報と1クリックでつながる。寄せ集めのツールではまねできない的確な現状把握と迅速なトレースを可能にする。

■IT統制に効果を発揮する充実機能
IT統制の一環として資産の“見える化”と“健全化”を強力に推進! 未適用PCに対してパッチを自動適用できるほか、ユーザーライセンスやCAL、ダウングレード権にも対応した本格的なライセンス管理も標準で搭載している。実運用に裏打ちされた、まさにかゆいところに手が届くツールと言えよう。

■高いスケーラビリティとパフォーマンス
1万台以上の大規模環境においても1サーバでの豊富な運用実績を持っており、ユーザー企業の規模を選ばない余裕のある管理が可能だ。更にスケールとパフォーマンスの両立は難しいとされるPC操作ログ管理も大規模、長期保存、超高速検索(1億件数秒)を実現する。

■優れたコストパフォーマンスと拡張性
機能を拡張したい場合もライセンスを追加するだけでクライアント側の展開作業は一切不要。また内部統制を自動化する検疫システムも独自開発の検疫装置「ManagementBox」を既存のネットワークにつなぐだけで簡単に構築が可能だ。IT戦略に必要な機能を1システムで提供するMCoreはさまざまな管理フェーズ(導入~運用~保守)で最大級のコストパフォーマンスを約束してくれる。

IT資産/セキュリティ統合管理システム 「MCore」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント 一元管理機能、外国語対応、ログ管理
導入実績 101~500社

仕様

メーカー 住友電工情報システム
クライアント側OS Windows 7(Pro、Enterprise、Ultimate)
 8.1(Enterprise、Pro)
 10(Enterprise、Pro)
Windows Server 2008 R2/2012 R2/2016
※一部オプションに制約あり
クライアント側対応プロセッサ OSが動作する環境
クライアント側必要メモリ容量 OSが動作する環境
クライアント側必要ディスク容量 30MB以上
その他特記事項 【MCoreの主な機能】
PC資産管理
ソフトウェア配布機能
ウイルス対策ソフト管理
セキュリティパッチ管理
ソフトウェアライセンス管理
リース管理/保守契約管理
PC操作ログ管理
外部デバイス制御
使用禁止ソフトウェア起動制御
不正PC検知機能
ネットワーク検疫機能
リモートコントロール機能
IPアドレス管理
サーバ管理
統計レポート出力機能
アプリケーション利用レポート機能
MDM機能
BitLocker管理機能
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Windows Server 2012 R2 Update1 (x64) Standard Edition/Datacenter Edition
※KB2919442,KB2919355を適用済みであること。
Windows Server 2016 LTSC
サーバ側対応プロセッサ Xeon 2.0GHz以上
サーバ側必要メモリ容量 推奨16GB以上
(ログ管理サーバを同一PCにインストールする場合は24GB以上必要)
サーバ側必要ディスク容量 200GB以上(RAID1/RAID5推奨)
※1)MCoreサーバとログサーバが同一の場合は230GB以上が必要。
※2)対象PC数や使用オプション、バックアップ等の要件により必要ディスク容量は異なります。
サーバ側その他動作環境 Webコンソール - Internet Explorer 11/Firefox 61/Microsoft Edge/Google Chrome 72
DB - PostgreSQL 9.5(MCore IT資産管理セットアップに含む)
※Oracle版もございます。詳細はお問合せください。

価格情報

100ライセンス 80万円(税別)〜
※ライセンス数別価格設定
詳しくはお問い合わせください。

掲載企業

住友電工情報システム株式会社
URL:https://mcore.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

MCoreカタログ(10.1MB)
IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」の特長と各機能の詳細を紹介しています。
Windows 10端末の脆弱性対策リーフレット(1.93MB)
企業内ネットワークに負荷をかけずに大容量セキュリティパッチを配信する新配信機構をご紹介しています。
ManagementBoxリーフレット(876KB)
ネットワーク検疫アプライアンス「ManagementBox」の特長や機能、運用方法を紹介しています。