製品資料

株式会社ソフトクリエイト

株式会社ソフトクリエイト

Windows 10時代のクライアントPC管理、“1人情シス”にも最適な選択肢とは?

PCライフサイクルの短期化に伴い、クライアントPC管理負荷の増大が多くの企業で 課題となっている。購入やリース、レンタルなどさまざまな選択肢がある中、“1 人情シス”の企業にとっての最適な調達方法は何か。

要約

Windows 10時代のクライアントPC管理、“1人情シス”にも最適な選択肢とは?

 情報システム部門にとって欠かせない業務である、クライアントPCの調達や管理。Windows 10時代を迎え、PCライフサイクルの短期化が進むと予測される中、そのコストや業務負荷の増大は、特に“1人情シス”状態の企業にとって憂慮すべき課題となっている。

 そこで注目されているのが、クライアントPCの“レンタル”という方法だ。それにより、調達、導入、運用/管理、消去・廃棄といったライフサイクルにおけるそれぞれの業務を効率化できる。機器コストの面でも、管理費などを勘案すると購入するよりTCOを抑えられるというメリットがある。

 また、1年ごとに最新機種への“借り換え”ができるので、早まるPCの陳腐化にも対応しやすくなる。本コンテンツでは、こうしたクライアントPCレンタルのメリットを、購入やリースと比較して詳しく解説している。このようなレンタルサービスを活用して情シスの「働き方改革」を実現した事例も紹介しているので、参考にしてほしい。

アンケート