製品資料

ServiceNow Japan 株式会社

ServiceNow Japan 株式会社

IT部門をビジネス貢献できる組織に変える、サービス管理&運用管理の在り方とは

IT部門によるビジネス貢献が強く求められる昨今、多くの担当者がITサービス管理(ITSM)とIT運用管理(ITOM)の改善に頭を悩ませている。IT部門の行動力を奪うこれらの業務を効率化し、インテリジェントな管理を実現するにはどうすべきか?

要約

 近年、多くのIT部門が、「安定したサービスの提供」と「企業の新しい目標の支援」という2つのニーズの板挟みにあっている。現状を維持しつつ、企業のデジタル変革やテクノロジー活用を推進するという困難な目標を達成するためには、ITサービスを、より適切かつインテリジェントに管理する方法を導入する必要がある。

 そこで重要なのが、ITサービス管理(ITSM)とIT運用管理(ITOM)の協調的な運用だ。本資料では、そのためのプラットフォームを構築する上で重要な「プロアクティブな障害の検出」「インシデント対応」「自動復旧」の3つのステップについて、それぞれの重要性と効果、スムーズな導入手法を解説する。

 さらに、従来型の仕事の方法に対し、ITSMとITOMを総合的に活用したアプローチを適用することの利点を分かりやすく紹介する。インテリジェントワーキングとワークフローの自動化を取り入れることがIT部門にどういったメリットをもたらすのか、詳しく見ていこう。

アンケート