講演資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社

リソース増強にも即対応、オンプレミスで実現する“従量課金型”ITインフラ

ワークロードの展開先はクラウドが主流となり、ITインフラへの支出は消費型へと移行しつつある。この流れの中、オンプレミスでも同様のモデルを実現する従量課金型のインフラを実現するサービスが注目されている。

要約

 米国のある調査において、今後ワークロードの75%がクラウドへ展開されるという結果が出ていることから分かるように、ITインフラへの支出は消費型へと変わりつつある。この流れの中で、セキュリティや監査対応といった点を考慮し、オンプレミスでも同様のIT調達モデルを利用したいというニーズが高まっている。

 それに応えるべく、従量課金制でオンプレミス環境を提供するサービスが急速に発展している。サーバであれば、物理サーバ/仮想サーバ/コアの単位で支払いができるなど、柔軟な調達が可能であるだけでなく、リソースの不足した場合には、常時設置されている予備リソースを通じて即座に増強することができる。また、使用量と利用可能なキャパシティーはポータルサイトから確認できる。

 さらにビッグデータ基盤やバックアップソリューションなどについても、設計構築から保守、運用監視まで含めた従量課金制の利用メニューを同様に提供している。本コンテンツでは、そうしたオンプレミスでの従量課金型のIT調達を可能するサービスについて詳しく紹介する。

アンケート