技術文書

レッドハット株式会社

レッドハット株式会社

硬直したアプリケーション開発にスピードや柔軟性を取り戻す「3つのカギ」

システムが業務ニーズに即応できる柔軟性を獲得するには、ルールやデータ、プロセスの疎結合といったアプリケーションのモダナイゼーションが欠かせない。こうしたデジタル変革に不可欠な「3つのカギ」を、本資料で解説する。

要約

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた取り組みでは、フロントエンドのアプリケーションだけでなく、バックエンドを含めたシステム全体でニーズに即応できる柔軟性が求められる。だが、多くの企業で見られるのは、メンテナンスに時間とコストがかかり過ぎる非効率な環境だ。その原因は、データやロジック、プロセス、画面が混然一体となった構造にある。

 そこで、それぞれの役割をサービスとして切り出し、お互いを直接参照させないようにデザインすることが必要になる。例えばルールは更新や追加のたびにアプリケーションを複雑化しがちな要素だが、ルール管理システムとして切り出せば、更新ごとの新たなパスや参照関係の発生を防ぎ、シンプルな構成を維持することも容易になる。

 こうしたアプリケーションの「モダナイゼーション」をはじめ、アプリケーションのスピーディーな開発・リリース・改善サイクルを実現する「DevOps」、社内外のサービス同士の柔軟な接続を実現する「アジャイルAPI インテグレーション」がDX推進のカギとなる。本資料では、この3つのカギを解説し、“攻めのIT”実現の方策を明らかにする。

アンケート