ビジネスWebメールソリューション 「Active! mail」

ビジネスWebメールソリューション 「Active! mail」

ユーザーの“使いやすさ”を追求し、ビジネスでの利用に最適化!

Webブラウザ上でメールを送受信するAjax採用Webメールソフト
◎安全/利便/操作性を兼備
◎メールサーバに対して画面表示用のゲートウェイとして働き、利用環境を選ばない
<おすすめユーザー> メール環境において、使いやすさ、パフォーマンスに不満があり、更に情報漏えいに不安を抱えている企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Active! mail 6 の特長、機能、画面を分かりやすく紹介した資料(4.77MB)
企業・大学へ累計1100万アカウントの導入実績を誇るビジネスWebメールのスタンダード、「Active! mail」の製品カタログ。
Active! mail 6 ファイル管理拡張オプション 資料(1.43MB)
Webサーバ上でのファイル管理と、ファイルをメールに添付せずに第三者に受け渡すことを可能にする『ファイル管理拡張オプション』のカタログ。
運用管理の軽減やクラウド化を見据えWebメールへ:町田市役所(1020KB)
クライアント型メールからの乗り換えによる大幅なコスト削減や情報セキュリティの観点から端末側にメールデータを残さない仕組みを実現したActive! mail導入事例
教職員と学生およそ2万人が利用するWebメール:千葉大学(855KB)
約2万人の大規模運用に耐えうる安定した稼働と信頼性。開発・サポート体制が国内で確立されていることによる障害対応が容易なActive! mail導入事例。
クライアントメールからActive! mailへ移行:和歌山県庁(436KB)
ポータルサイトなど既存で利用している製品との親和性を考慮し、標準で搭載されている機能が豊富なであることを評価した県庁ならではのActive! mail導入事例。

ユーザーの“使いやすさ”を追求し、ビジネスでの利用に最適化!

 Active! mailは累計1,100万アカウントの導入実績を誇るWebメール。デスクトップアプリケーションと変わらない操作性を実現し、ビジネス環境での利用を考慮した多彩な機能が特長。

●快適な操作性を実現したインタフェース
 Webメールを利用する際に気になるインタフェース。Active! mailはAjaxを採用することで、優れた操作性を実現。ドラッグ&ドロップや右クリックメニューによるデータ操作、キーボードショートカット機能、メール作成時のドラッグ&ドロップでのファイル添付(※)などが可能で、企業の標準メールシステムとしても十分に活用できる。
※この機能は一部の古いバージョンのブラウザでは利用不可

●ユーザーの“使いやすさ”を追求した多彩な機能
 受信箱へ定期的に新着メールを自動確認する機能や定型文・メールテンプレート機能など“使いやすさ”に焦点を当てた数多くの機能を実装。検索もスムーズで、必要なメールをストレスなく探し出すことができる。

●情報漏えい・セキュリティ対策としても効果的
 メール、添付ファイル、アドレス帳などのデータは全てサーバ側に保存されるため、ノートPCの紛失・盗難時にも情報漏えいを防ぐ。SSL暗号化の機能も実装し、クロスサイド・スクリプティングやなりすましへの対策もクリア。誤送信防止機能(プレビューの強制表示、外部ドメインのハイライト表示、宛先と添付ファイルの確認機能)も搭載している。また、エンドユーザーの操作制限を管理者側で設定でき、自社のポリシーに合わせた柔軟な対策を実現する。

●スマートフォンなどモバイルでも快適な利用が可能
 新しいスマートフォン専用インタフェースは、HTML5を全面採用して開発され、スマートフォンからの「Active! mail」へのアクセスに最適化。フォルダ移動や返信・転送、メール作成時のアドレス帳の利用や、メール検索なども利用可能。

ビジネスWebメールソリューション 「Active! mail」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー クオリティア
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 ◎以下の機能を実現するファイル管理拡張オプションをご用意しています
・メールと連携したWebサーバ上でのファイル管理機能
・メールに添付せずにファイルの受け渡しを行う機能
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Red Hat Enterprise Linux 5.x(32/64ビット)
Red Hat Enterprise Linux 6.x(32/64ビット)
SUSE Linux Enterprise 11(32ビット)
Oracle Solaris 10(SPARC/Intel)
ほか
※詳細は製品サイトをご確認ください
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

スタンダードライセンス(企業版) 25ユーザー:14万7000円(税別)〜
アカデミックライセンス(文教版) 25ユーザー:9万8000円(税別)〜

掲載企業

株式会社クオリティア
URL:http://www.qualitia.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

Active! mail 6 の特長、機能、画面を分かりやすく紹介した資料(4.77MB)
企業・大学へ累計1100万アカウントの導入実績を誇るビジネスWebメールのスタンダード、「Active! mail」の製品カタログ。
Active! mail 6 ファイル管理拡張オプション 資料(1.43MB)
Webサーバ上でのファイル管理と、ファイルをメールに添付せずに第三者に受け渡すことを可能にする『ファイル管理拡張オプション』のカタログ。
運用管理の軽減やクラウド化を見据えWebメールへ:町田市役所(1020KB)
クライアント型メールからの乗り換えによる大幅なコスト削減や情報セキュリティの観点から端末側にメールデータを残さない仕組みを実現したActive! mail導入事例
教職員と学生およそ2万人が利用するWebメール:千葉大学(855KB)
約2万人の大規模運用に耐えうる安定した稼働と信頼性。開発・サポート体制が国内で確立されていることによる障害対応が容易なActive! mail導入事例。
クライアントメールからActive! mailへ移行:和歌山県庁(436KB)
ポータルサイトなど既存で利用している製品との親和性を考慮し、標準で搭載されている機能が豊富なであることを評価した県庁ならではのActive! mail導入事例。