安定稼働と信頼性が採用の理由。およそ2万人が利用するWebメール

千葉大学

安定稼働と信頼性が採用の理由。およそ2万人が利用するWebメール

政府調達に該当する案件である千葉大学のメールシステム。総合メディア基盤センターが行った、足かけ2年にも及ぶ厳密な技術審査をクリアし採用されたWebメールは?

  • コミュニケーション最適化
  • 教育業・学習支援業
  • 情報システム部門(運用系)
安定稼働と信頼性が採用の理由。およそ2万人が利用するWebメール

千葉大学では2005年に、WebメールをActive! mail 2003へリプレース。掲示版システムを独自開発しWebメールと連携。教職員、学生あわせて約2万人の全学規模で稼働させていた。だが独自機能をカスタマイズしてしまったために、Active! mail 2003の新機能が利用できないという問題が発生。Active! mailの機能を十分に活用するために同大学は……

事例資料をダウンロード

課題

 Active! mail 2003は以前のWebメールよりも信頼性が高く安定稼働。利用者からの評価も高く、継続して利用したいが、独自開発の掲示板システムを組み合わせてしまったために、Active! mail 2003そのもののバージョンアップができないという課題が……。Active! mail 2003に新しい機能が追加されても、それを反映するためのバージョンアップができずに次の更新時期を迎えるまで導入した当時のままで使い続けなければならなかった。

解決方法

 同大学のメールシステムは政府調達に該当する案件。クラウド型のサービスやフリーメールなども検討するが、同大学が希望する技術要件をクリアできなかった。2年もの検討期間を経て、利便性が高く、6年間に及ぶ運用実績を持つActive! mail 2003をActive! mail 6の標準版へバージョンアップすることに決定。同時に、大容量ファイルの送受信を目的にファイル管理拡張オプションも導入することで、サーバ運用の負担軽減を図った。

効果

 2011年の3月に導入されたActive! mail 6は、これまでと同じように、同大学の教職員約5000人と学生約1万5000人に、快適で利便性の高いWebメールを提供。新しいバージョンになって多くの新機能が使えるようになっただけではなく、以前のバージョンと比べユーザビリティがさらに向上して、学生や教職員からの評価も高くなった。今後は、ポータルとして他のサービスなどとシームレスに連携させていくなど、より利便性を高める予定だ。

事例概要

企業規模 企業規模問わず
課題 コミュニケーション最適化
業種 教育業・学習支援業
部署 情報システム部門(運用系)
地域 国内
導入年 2011年

提供企業・製品

導入製品名:ビジネスWebメールソリューション 「Active! mail」

提供企業:株式会社クオリティア

URL:http://www.qualitia.co.jp/product/am/